ブラック面接官と、ホワイト面接官の違い

就活生を厳選する前に、面接官を厳選せよ

優秀な学生を雇うために必要なこと

日本の採用市場では長期の経済停滞を経て、近年はどの会社も厳選採用を謳っているが、まずは採用する担当者こそ最初に厳選採用するのが先決だろう。

就職活動の面接で会う人は、学生にとっては会社の看板である。失礼な態度や愚かな質問をされると、他に行くところのない人は入ってくれても、他社からも引っ張りだこのスター人材はあなたの会社に入ってくれなくなる。質の低い面接官を選べば、それ以上の人材に会社のレベルを見透かされて、一番来てほしい人材に来てもらえなくなるのだ。皮肉なことにショボイ面接官のせいで、採用したい人材にそっぽを向かれる企業は少なくない。

そもそも20歳か何だかの若者が人生を切り開くため、そして社会に貢献するためどんな仕事につくか、どんなキャリアを歩むか真剣にもがいているのに、手を差し伸べこそすれ、無礼な態度で愚弄するのはもってのほかである。

馬鹿な面接官には、ライバル会社に入って10倍返し

最後に就職活動に頑張る学生の皆様にお伝えしたいが、一定の確率でタチの悪いブラック面接官には遭遇するものである。もちろん単に自分の準備不足や非礼、能力の足りなさが原因で落とされたのなら“俺を落とすとは馬鹿な会社だ”などと空威張りするのではなく真摯に自省する必要がある。しかし自分に何の非もないのに落ちるのも面接、そして極めて悪質なブラック面接官に出くわすのもこれまた面接の常なので、そう気を落とさず頑張ってほしい。

どのような状況でも、自分に出来る最善の努力を前向きにすることに注力し、馬鹿なブラック面接官に出くわしたら、「ライバル会社に入ってお前の会社に10倍返しだ!」くらいの意気込みをもって、ご自身の自己研鑽にまい進していただきたい。

末筆ながら就職活動生の皆様のご健闘を、シンガポールの彼方から心よりお祈り申しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT