料理番組の歴史は、料理文化史そのものだ

長い「グルメブーム」は何をもたらしたか

私は現在、「きょうの料理」の番組テキスト(NHK出版)で60年にわたる番組とテキストの歴史を紹介する連載を執筆している。いかにこの番組が柔軟に時代の変化を読み取り、流行を先導したかを実感している。

イタリア料理は流行より10年も早く、78年3月以降、ときどき紹介されている。常備菜にしたり、肉や魚介類を入れた主菜にもなる、今流行りのサラダは、83年10月の放送で「おかずサラダ」として紹介されている。放送なしのテキストオリジナル企画も入れると、最初は同年3月号の「軽食になるサラダ」特集だ。

「きょうの料理」が伝えたプロ料理人の技

番組には、創成期からプロの一流料理人が出演している。東京會舘のフランス料理シェフ、田中徳三郎が最初に登場したのは59年10月である。その後、帝国ホテルの村上信夫、ホテルオークラの小野正吉が続く。日本料理では辻嘉一、中国料理は陳建民が初期の代表格だろう。

昭和半ばから後半にかけて、シェフらが繰り返し伝えたのが、フランス料理のホワイトソース(ベシャメルソース)の作り方である。小麦粉とバター、牛乳をフライパンなどでかき混ぜながら作るホワイトソースは、家庭でも真似しやすく食べやすいが、ダマになるなどの失敗も多い。クリームシチューやクリームコロッケなどの材料になるこのソースを作りたいと願った主婦の多さが、登場回数の多さから推測できる。

1968年4/5月号から4カ月ずつ連続で行われた「日本料理の基礎」「中国料理の基礎」「西洋料理の基礎」特集は、74年からの「料理入門」、83年からの「プロのコツ」などのシリーズに発展し、プロの技が繰り返し紹介される。

グルメブーム初期には、さらに内容が高度化する。78年10月には「家庭むきの懐石料理」、80年1月には「フランス料理の基本ソース」、同年11月には「やさしい懐石料理」が特集される。気軽に食べに行けない店の味は、テレビで見て想像する、あるいは作ってみる人たちがいたのである。70年代後半から80年代前半は、本格的な外国料理や日本料理のレシピ本が盛んに出版されており、エンターテインメントとしての料理が成立した時期でもある。

次ページ番組の主役は「料理研究家」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。