「食の自動化機械」、人手不足を背景に熱視線

日本の中小メーカーが食の現場を支えている

鈴茂器工が開発した寿司ロボット(右)とご飯などの盛りつけ機。国際食品工業展ではさまざまな自動化機械が並んだ(記者撮影)

食の現場で自動化が進んでいる。

東京ビッグサイトで6月13日から4日間開催された国際食品工業展。食品に関するさまざまな機械やロボットが一堂に集められた。

寿司ロボット、菓子パン成形マシン、串刺し機、野菜の洗浄機、異物混入の検査機、マニアックなところでは、鶏のボンジリ(尾骨周辺)の骨を抜いてカットする機械もあった。

1時間で4800カンのシャリ玉

米飯加工機大手の鈴茂器工(東京都練馬区)の最新機種は、1時間当たり最大4800カンのシャリ玉を握ることができる寿司ロボットだ。

ふわりと軽く握られたシャリ玉が次々に出てくる。シャリ玉をトレーに移すロボットやわさびをつける装置もあり、国内では回転寿司店や食品スーパーがメインの顧客だ。

「最近は海外向けが伸びており、寿司ロボットの2~3割を占めるまでに成長している」(営業本部の小野寺広・販売促進課長)。

ご飯の盛りつけ機も伸びている。牛丼チェーンだけでなく、和食チェーンでの導入も広がっている。背景にあるのは人手不足だ。

食の現場を支えるパートやアルバイトを集めるのも一苦労。寿司ロボットは1台120万円程度、ご飯の盛りつけ機は約100万円。初期投資をかけても十分にペイするという。

次ページ導入の理由は人手不足だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。