「食の自動化機械」、人手不足を背景に熱視線

日本の中小メーカーが食の現場を支えている

鈴茂器工が開発した寿司ロボット(右)とご飯などの盛りつけ機。国際食品工業展ではさまざまな自動化機械が並んだ(記者撮影)

食の現場で自動化が進んでいる。

東京ビッグサイトで6月13日から4日間開催された国際食品工業展。食品に関するさまざまな機械やロボットが一堂に集められた。

寿司ロボット、菓子パン成形マシン、串刺し機、野菜の洗浄機、異物混入の検査機、マニアックなところでは、鶏のボンジリ(尾骨周辺)の骨を抜いてカットする機械もあった。

1時間で4800カンのシャリ玉

米飯加工機大手の鈴茂器工(東京都練馬区)の最新機種は、1時間当たり最大4800カンのシャリ玉を握ることができる寿司ロボットだ。

ふわりと軽く握られたシャリ玉が次々に出てくる。シャリ玉をトレーに移すロボットやわさびをつける装置もあり、国内では回転寿司店や食品スーパーがメインの顧客だ。

「最近は海外向けが伸びており、寿司ロボットの2~3割を占めるまでに成長している」(営業本部の小野寺広・販売促進課長)。

ご飯の盛りつけ機も伸びている。牛丼チェーンだけでなく、和食チェーンでの導入も広がっている。背景にあるのは人手不足だ。

食の現場を支えるパートやアルバイトを集めるのも一苦労。寿司ロボットは1台120万円程度、ご飯の盛りつけ機は約100万円。初期投資をかけても十分にペイするという。

次ページ導入の理由は人手不足だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。