「優秀なのに嫌われる人」の話し方、5大共通点

「上から目線、すぐ否定…」あなたは大丈夫?

そして頭のいい人に多いいちばんのNGは、相手の話を「否定する」、相手の話に「共感しない」ことです。

何を言っても「でも」「いや」は不愉快

【5】「何かと相手を否定」する、相手の話に「共感」しない

A:「先週末に、話題の『○○(映画)』を観たけど、面白かったよ!」
B:「でも、前評判の割には中身が薄かったよな」
A:「そうかな。ストーリーもよかったと思うけど」
B:「いや、話の展開がすぐに読めたよ」

頭のいい人ほど、相手の話に対して「否定する」ことが多いように思います。

Aさんは、映画が楽しかったことを伝えたいのですが、Bさんは受け入れられないので、どんな言葉に対しても「否定」してしまっています。

これでは会話も弾まないし、不愉快な気持ちになってしまいますね。

もちろん、相手の意見にすべて同意する必要はありません。違う意見をもつこと自体は何も悪くありません。

ただ、自分と違う意見でも、相手を「否定」するか、相手に寄り添って「共感」して聞いてあげるかで、会話の楽しさはまるで違ってきます

自分を「否定」されると、「話をしたい気持ち」は失せてしまいますし、自分に「共感」しながら聞いてもらえると、話をするのが楽しくなります。

話を「否定する」のではなく「共感する」ことが、話をしていて楽しい人の共通点だと私は思います。

【「優秀なのに嫌われる人」、よくある5大NG】
・相手の話を「最後まで」聞かずに、「自分の意見」を言い始める
・「上から目線」で相手にアドバイス、説教する
・何でも「先読みをして」話をまとめてしまう
・意味もなく「難解な用語」に言い換える
・「何かと相手を否定」する、相手の話に「共感」しない

 

この連載の一覧はこちら

頭のいい人に限って、相手の言いたいことが整理されていなかったり、論点がハッキリしていなかったりすると、聞きながらすぐにイライラしてしまいます。そして、それは話している側に、おのずと伝わります。

でも、日常会話は「コミュニケーションの場」でもあるので、必ずしも「理路整然とした立派な会話」になってなくてもいいわけです。そうであれば、「相手の話を聞こう」とする姿勢をもったほうが絶対にトクですよね。

その意味で、頭のいい人が「聞く力」を身に付けたら最強だと思います!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT