米国とロシア「サイバー戦争」のリアルな危険

水面下でせめぎ合いが続く現状

オバマ政権のロシアへの対応はどのようなものだったのか(写真:BeeBright / PIXTA)

「私たちの情報機関は常に法律に従っている」

メルセデスベンツの運転席でハンドルを握るロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、まっすぐに前を見つめたままそう断言した。助手席に座っている米国人映画監督のオリバー・ストーンは、その発言に黙って耳を傾けていた。

別の日、大きな丸テーブルに座ったストーンは、プーチンに対して、「あなたには(米大統領選を左右する)大きな影響力がある」と問いかける。するとプーチンは少し表情を緩めてこう答えた。

「ほかの国とは違って、私たちは断じて他国の内政に干渉することはない」――。

せめぎ合いが続く米露のサイバー戦争

本記事は会員制国際情報サイト「Foresight(フォーサイト)」(新潮社)からの転載記事です

このやり取りは、米国で6月12日から4日連続で放映されたドキュメンタリー番組からのシーンだ。アカデミー賞受賞監督のストーンが、プーチンを2年にわたってインタビューしてまとめた、貴重な映像である。

言うまでもなく、このやり取りが注目される理由は、背景に2016年の米大統領選にロシアがサイバー攻撃などで介入したという疑惑が見え隠れしているからだ。

このインタビューが放映されてから10日ほど経った6月23日、米『ワシントン・ポスト(WP)』紙が長編のスクープ記事【Obama’s secret struggle to punish Russia for Putin’s election assault,The Washington Post,June.23】を公開した。これによると、バラク・オバマ前大統領が、米大統領選に干渉したロシアに対してサイバー攻撃を仕掛ける命令を下し、その作戦はドナルド・トランプ大統領に引き継がれているという。

ロシアやアメリカのサイバー攻撃は、その特性から非常に「目に見えにくい」ものだ。しかし、水面下では様々な思惑の混じり合ったせめぎ合いが続いている。米大統領選の背後で蠢いていた米露によるサイバー戦争の実態に迫りながら、今回WPが明らかにした、オバマ政権の対ロシア対応はどんなものだったかを紐解きたい。

次ページ1年かけて重要情報を盗む
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT