ルノー・トゥインゴ「171万円」MT車の魅力

異色のRRレイアウトは意外と楽しいぞ

ルノーの末っ子モデル、トゥインゴにマニュアルモデルが加わった。かつての名車、ルノー5(サンク)を彷彿とさせるエクステリアをまとい、RRレイアウトというクルマ好きの心をくすぶるパッケージングで登場した新型を、今尾直樹が評価する。

ルノーのRRを体験

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

日曜日の朝、早起きして箱根までドライブに行こうなんて気になるのは、乗りたいクルマがあるからだ。なんて幸せなことだろう。朝早いといっても、4月下旬のことで、寒くもなければ暑くもない。春は曙、やうやう白くなりゆく山際、というほど早い時間ではなくて、空は晴れ渡っていて最高のドライブ日和です、いとおかし。

乗りたいクルマとは、ルノーのベーシック・カー、トゥインゴのマニュアルである。このクルマ、ポルシェ 911と同じリア・エンジン/リア・ドライブ、いわゆるRRなのだ。

トゥインゴ自体は昨年すでに上陸済みだけれど、MTは本年1月から導入が始まった。それまでは「インテンス」というグレードで、デュアル・クラッチの6段オートマチックのみ。5段MTは、装備をよりシンプルにした禅的境地の「ゼン」でのみ設定があり、価格は171万円である。いまどきの軽自動車が200万円を超えちゃったりすることを思えば、大バーゲン価格ではあるまいか。

3代目となる現行トゥインゴは、メルセデス・ベンツのマイクロ・カー、スマートとルノーとの共同開発車である。設計も生産もルノー主導ながら、RRという特異なレイアウトを採用しているのは、スマートの伝統に敬意を表してのことだろう。スマートは1997年の登場以来、衝撃吸収空間を確保しやすいRR方式を採用しているのだ。

次ページルノーのRRというと…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。