ルノー・トゥインゴ「171万円」MT車の魅力

異色のRRレイアウトは意外と楽しいぞ

ルノーの末っ子モデル、トゥインゴにマニュアルモデルが加わった。かつての名車、ルノー5(サンク)を彷彿とさせるエクステリアをまとい、RRレイアウトというクルマ好きの心をくすぶるパッケージングで登場した新型を、今尾直樹が評価する。

ルノーのRRを体験

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

日曜日の朝、早起きして箱根までドライブに行こうなんて気になるのは、乗りたいクルマがあるからだ。なんて幸せなことだろう。朝早いといっても、4月下旬のことで、寒くもなければ暑くもない。春は曙、やうやう白くなりゆく山際、というほど早い時間ではなくて、空は晴れ渡っていて最高のドライブ日和です、いとおかし。

乗りたいクルマとは、ルノーのベーシック・カー、トゥインゴのマニュアルである。このクルマ、ポルシェ 911と同じリア・エンジン/リア・ドライブ、いわゆるRRなのだ。

トゥインゴ自体は昨年すでに上陸済みだけれど、MTは本年1月から導入が始まった。それまでは「インテンス」というグレードで、デュアル・クラッチの6段オートマチックのみ。5段MTは、装備をよりシンプルにした禅的境地の「ゼン」でのみ設定があり、価格は171万円である。いまどきの軽自動車が200万円を超えちゃったりすることを思えば、大バーゲン価格ではあるまいか。

3代目となる現行トゥインゴは、メルセデス・ベンツのマイクロ・カー、スマートとルノーとの共同開発車である。設計も生産もルノー主導ながら、RRという特異なレイアウトを採用しているのは、スマートの伝統に敬意を表してのことだろう。スマートは1997年の登場以来、衝撃吸収空間を確保しやすいRR方式を採用しているのだ。

次ページルノーのRRというと…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT