「レクサスLC」1000万円超クーペの明確な個性

ベンツやBMWなどの欧州勢とは明らかに違う

日本発のデザインではないのに、日本的な個性を放つ

米カリフォルニア州のデザインスタジオ生まれなのに

「レクサスLC」に乗った。3月16日にトヨタ自動車から発売された、価格1300万~1450万円という、国産新車乗用車(米国で生産されるホンダNSXを除く)では唯一全車種1000万円以上というラグジュアリークーペである。

琵琶湖や比叡山を経由しながら多彩な道を試した

今回の試乗会では、グランドツーリングがメインステージとなる車にふさわしく、愛知県豊田市から京都市まで、琵琶湖や比叡山を経由しながら約200キロメートルを走った。街中、高速道路、山道と多彩な道を試すことができた。

そこで最も印象に残ったのは、メルセデス・ベンツやBMWなどの価格や車格が同格の欧州製ラグジュアリークーペとは明らかに違う個性を備えていたことだった。ひとことで言えば日本的、東洋的だった。その理由を試乗会から帰って考えた。

LCのデザインは、2012年に公開されたコンセプトカーLF-LCをルーツとする。レクサス・フューチャーの頭文字であるLFの2文字を冠したコンセプトカーを、このブランドは10年以上前から発表してきた。多くはその後登場する市販車のプロトタイプであったが、LF-LCは生産を考えていなかった。

レクサスは2009年にスーパーカーの「LFA」を発表し、2012年にかけて500台限定で世に送り出した。LCはその後継となるイメージリーダーが必要と考え、米国カリフォルニア州にあるデザインスタジオで生まれた。つまり日本発のデザインではない。

ただ、日本人より外国人のほうが、この国の良さを理解していることもある。筆者もフランスでタクシーに乗ったとき、乗客が日本人とわかると運転手から北野映画の話題を振られ、相手の知識に圧倒された経験がある。

次ページ奥ゆかしさを感じるデザイン
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT