ルノー・トゥインゴ「171万円」MT車の魅力

異色のRRレイアウトは意外と楽しいぞ

もっとも、三菱との共同開発による初代フォーフォーはフツウの前輪駆動で、デザインもいまいちスマートっぽくなかった。スマートがいま、同じRRプラットフォームをベースにして2座と4座をつくっているのは、単にコストダウンのためだけではなくて、RRをブランドのアイデンティティとして一貫させたかったのだろう。

ともかくこの提携のおかげで、トゥインゴは3代目にして初めてRRになった。ルノーのRRというと、戦後すぐに登場したフランスの国民車4CVとか、1960年代のR8とかをマニアは思い浮かべるわけだけれど、筆者は、いつかそれらに乗る日に備え(そんな日は来ないかもしれないけれど)、いまのルノーのRRを体験しておきたかったのである。

キュートでラブリーで、カワイイ♥

某日の夜、GQ編集部のある宮益坂のビルの前の路上に佇むトゥインゴは、「フレンチ・ブルー」と呼びたいボディ色をまとっていた。写真同様、キュートでラブリーで、カワイイ♥。

エクステリアはルノーの70年代の小型車の傑作である5(サンク)、あるいはそれのミドシップ版の5ターボを参考にしたそうだけれど、コワい顔が主流の平成の世の中にあって例外的に柔和で平和なところがイイ。RRであることを主張するリアのふくらみが控えめにあって、2ドアに見えるように後ろのドアのノブが隠されていたりもして、スポーティなデザイン要素も加わっている。

インテリアはいささか女の子っぽいけれど、基本的にはごくシンプルで好ましい。ポップでモダンで、あっさりしている。タコメーターがないのはさみしいけれど、ステアリングホイールとシフトノブは革巻きで赤いスティッチが入っている。グレーのシートはシックでカジュアルで、全部ひっくるめてビンボーくさくない。

日産マーチよりも全高が30mmだけ高くて、ホイールベースが40mm長くとられていること以外はマーチよりもコンパクト、具体的には全長3620×全幅1650×全高1545mmだけれど、十分な室内空間が確保されている。フロント・スクリーンが比較的立っていて、クラシックな感じがするのも美点というか、筆者好みだ。

キイをひねって走り出すと、エンジン音がとても静かである。ガソリンを内部で爆発させる騒音源がフロントにあるより、リアにある方がドライバーから離れるからだ。2490mmのホイールベースのはるかかなたで、3気筒が奮闘している。

「EDC」と呼ばれるデュアル・クラッチ・トランスミッションのトゥインゴが0.9リッター・ターボであるのに対して、MTのみ1リッターの自然吸気エンジンを搭載している。最高出力71ps/6000rpm、最大トルク91Nm/2850rpmと、トルクだけ見ると軽自動車のターボ以下のトルクしかない。

次ページぐるぐる回る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング