アウディ「A5」は最新進化で何が変わったか

新型クーペとスポーツバックに乗ってみた

アウディ車の中でもとりわけ評価が高かったA5シリーズが、先ごろフルモデルチェンジした。クーペ、スポーツバック、カブリオレという3つの車型を揃えながら、エレガンスと機能性をうまくバランスさせた魅力は、新型でも上手に継承されていた。

クーペにするか、スポーツバックにするか

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

アウディの新型A5が2017年4月に販売を開始した。クーペ、スポーツバック、カブリオレとイッキに3車型。同時にスポーティなS5シリーズも導入し、アウディジャパンのヤル気を感じる。

そもそもA5クーペ(先代)は2007年にデビューしたモデル。「エレガンスとスポーティネスを融合させた美しいスタイリング」というアウディの惹句はけっして誇張でなく、一般からの評価も高かった。

今回ジャーナリスト向けの試乗会で提供されたのは、A5 スポーツバックとA5 クーペ。それにS5 スポーツバックとS5 クーペだった。

新型クーペの良さは“短い”という本来の意味をうまくスタイリングにとりいれ、躍動的な雰囲気を持っているところ。それでいて後席は十分なスペースを有する。従来型はクリーンなサーフェス(ボディの表面)がクオリティの高さを強く感じさせたが、新型クーペはフェンダーのフレアなどを強調し、力強さを打ち出しているのが印象的だ。

もちろん“4ドアのクーペ”ともいえる独自のスタイリングテーマを世に浸透させたA5 スポーツバックも同様だ。とりわけオーガニックな動きを感じさせる車体側面のキャラクターラインが目を惹く。カブリオレは遅れての試乗になるので、ここではクーペとスポーツバックにしぼって解説したい。

次ページ運転のしやすさは万人向け
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT