アウディ「A5」は最新進化で何が変わったか

新型クーペとスポーツバックに乗ってみた

アウディ車の中でもとりわけ評価が高かったA5シリーズが、先ごろフルモデルチェンジした。クーペ、スポーツバック、カブリオレという3つの車型を揃えながら、エレガンスと機能性をうまくバランスさせた魅力は、新型でも上手に継承されていた。

クーペにするか、スポーツバックにするか

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

アウディの新型A5が2017年4月に販売を開始した。クーペ、スポーツバック、カブリオレとイッキに3車型。同時にスポーティなS5シリーズも導入し、アウディジャパンのヤル気を感じる。

そもそもA5クーペ(先代)は2007年にデビューしたモデル。「エレガンスとスポーティネスを融合させた美しいスタイリング」というアウディの惹句はけっして誇張でなく、一般からの評価も高かった。

今回ジャーナリスト向けの試乗会で提供されたのは、A5 スポーツバックとA5 クーペ。それにS5 スポーツバックとS5 クーペだった。

新型クーペの良さは“短い”という本来の意味をうまくスタイリングにとりいれ、躍動的な雰囲気を持っているところ。それでいて後席は十分なスペースを有する。従来型はクリーンなサーフェス(ボディの表面)がクオリティの高さを強く感じさせたが、新型クーペはフェンダーのフレアなどを強調し、力強さを打ち出しているのが印象的だ。

もちろん“4ドアのクーペ”ともいえる独自のスタイリングテーマを世に浸透させたA5 スポーツバックも同様だ。とりわけオーガニックな動きを感じさせる車体側面のキャラクターラインが目を惹く。カブリオレは遅れての試乗になるので、ここではクーペとスポーツバックにしぼって解説したい。

次ページ運転のしやすさは万人向け
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT