アウディ「A5」は最新進化で何が変わったか

新型クーペとスポーツバックに乗ってみた

 

アウディ車の中でもとりわけ評価が高かったA5シリーズが、先ごろフルモデルチェンジした。クーペ、スポーツバック、カブリオレという3つの車型を揃えながら、エレガンスと機能性をうまくバランスさせた魅力は、新型でも上手に継承されていた。

クーペにするか、スポーツバックにするか

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

アウディの新型A5が2017年4月に販売を開始した。クーペ、スポーツバック、カブリオレとイッキに3車型。同時にスポーティなS5シリーズも導入し、アウディジャパンのヤル気を感じる。

そもそもA5クーペ(先代)は2007年にデビューしたモデル。「エレガンスとスポーティネスを融合させた美しいスタイリング」というアウディの惹句はけっして誇張でなく、一般からの評価も高かった。

今回ジャーナリスト向けの試乗会で提供されたのは、A5 スポーツバックとA5 クーペ。それにS5 スポーツバックとS5 クーペだった。

新型クーペの良さは“短い”という本来の意味をうまくスタイリングにとりいれ、躍動的な雰囲気を持っているところ。それでいて後席は十分なスペースを有する。従来型はクリーンなサーフェス(ボディの表面)がクオリティの高さを強く感じさせたが、新型クーペはフェンダーのフレアなどを強調し、力強さを打ち出しているのが印象的だ。

もちろん“4ドアのクーペ”ともいえる独自のスタイリングテーマを世に浸透させたA5 スポーツバックも同様だ。とりわけオーガニックな動きを感じさせる車体側面のキャラクターラインが目を惹く。カブリオレは遅れての試乗になるので、ここではクーペとスポーツバックにしぼって解説したい。

次ページ運転のしやすさは万人向け
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。