それでも繰り返される「組体操事故」の実態

やむなく裁判に至った親子が訴えたいこと

2人組で行う倒立や肩車なども危険だ(写真:リュウタ / PIXTA)

春の運動会シーズンがやってきた。2012年にベネッセが全国の小学生や園児の保護者を対象に運動会を実施する時期を調べたところ、9月・10月の秋は53.5%で、5月・6月は43.7%と春と秋でほぼ半々。最近は中学受験への配慮や2学期制への移行もあって春実施が増えているようだ。

運動会で近年問題になっているのが組体操事故だ。2014年度に全国の小・中・高校で起きた組体操関連の事故は8592件(独立行政法人日本スポーツ振興センター調べ)。昨年の春の運動会を前にした2016年3月、スポーツ庁は、組体操を実施するか否かの判断は自治体や学校に委ねるものの、「確実に安全な状態で実施できるかどうかをしっかりと確認し、できないと判断される場合には実施を見合わせるように」などと各自治体へ通知した。

ところが、組体操の危険性について2014年から言及している名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授の内田良さんは、スポーツ庁の通知以降の2016年春夏も「地域にもよるが、8段、9段といった人間ピラミッドが堂々と行われていた」という。ツイッターやフェイスブックなどのSNSで画像などがアップされていたからだ。しかも「感動しました!」「すごい迫力!」といった感想付きで。そこには自粛しようとか、安全に十分に配慮しようといった意識は感じられない。特に関西方面で行われたものが目立った。

大阪市教育委員会は2月9日、組体操で四つんばいの姿勢で積み重なる「人間ピラミッド」を2017年度から禁止することを決めた。肩の上に立って円塔をつくる「タワー」も同様に危険なため禁じたが、守られるだろうか。

倒立や肩車でも年間400件以上の骨折事故

このような巨大ピラミッドは組体操の事故件数の40%を占め、いかにも危なそうだ。が、実は一見そうでもなさそうな倒立や肩車といった2人組で行う種目でも、年間400件以上の骨折事故が発生。重い後遺症が残るケースも決して少なくない。

次ページ倒立の練習中に転倒し、重い後遺症
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT