「地毛証明書」問題で暴かれたニッポンの本性

日独ハーフの筆者がこうも不気味に思うワケ

6割の都立高で提出が求められるという「地毛証明書」。東京オリンピックを前にグローバル化をうたう日本ですが、笑止千万。排他性を露呈することになってしまいました(写真:kou / PIXTA)

先日、朝日新聞が全日制都立高校の約6割で、入学時に「地毛証明書」を提出させていることを報じ、話題を呼びました。

髪の毛を染めたりパーマをかけているのか、生まれつきなのかを見分けるため、「疑わしい」生徒に証明書を提出させ、一部では証拠として幼児期の写真を併せて提出させる例もあるとのこと。

昭和の時代は終わり、現在の元号も近い将来新しいものになろうとしています。そんな時代に「地毛証明書」とは……。学校によっては「頭髪についての申請書」と言うこともあるそうですが、名前はどうであれ、なんとも時代錯誤だと言わざるをえません。目的は「勘違いによる指導」を防ぐため、とのこと。ただ、この規則そのものが大きな勘違いに基づくものではないのか、と私は思います。

「黒髪・直毛」以外はヘンと言っているのと同じ

まず、自分の体の一部である頭髪について「申請する」という考え方自体が容姿差別にあたります。

生まれつき髪の色が明るかったり、天然パーマの場合に申請が必要ということは、言外に「黒髪で直毛であること」を普通だと決め付け、当事者に「なぜ大多数の人間と容姿が同じではないのか」という容姿に関するエクスキューズを求めているのと同じこと。個人の生まれたままの姿を明らかに否定しているともいえます。

実際、学校によっては、黒髪の生徒が茶色に染めるのはダメだけれど、生まれつき髪が茶色の生徒が髪を黒色に染めることに対しては、暗黙の了解で認め、むしろ歓迎している学校もあるとのことです。

さらに、グローバルな視点で見ると、幼少時の写真を“証拠”として提出させることは非常にナンセンスです。筆者は日本人の母とドイツ人の父を持つハーフなのでよくわかりますが、西洋人の子ども(ハーフも含む)に関していえば、年齢とともに髪の色や質が変わっていく人は多くいます。

筆者が育ったドイツでも、小学校低学年のときは金髪だったが、5年生になる頃には髪が薄茶色になっていた、幼稚園では天然パーマだったが、小学校高学年の頃には真っすぐに近い髪質になっていた、こんな同級生がいました。

次ページ外国人らしいハーフばかりじゃない!!!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT