愛犬を「可哀想なワンちゃん」にしない食事法

ペット業界を知り尽くした男が本音で語る!

ワンちゃんのしつけは、おやつなしでもできます。実際、ドッグライフカウンセラーとしての私の師匠は、おやつを一切使いません。犬との信頼関係を築いて、自在にコントロールできます。

喜んで食べるから、つい与えすぎる

動物病院に来るワンちゃんに多いのが肥満です。人間の場合と同様で、ワンちゃんの肥満の原因は、食べる量が運動量よりも多すぎることです。

では、なぜ食べすぎるのか。

どうやら、根本的な理由は、飼い主さんにあるようです。

なぜなら、日本のワンちゃんの場合、肥満の原因は、運動不足よりもむしろドッグフードの与えすぎにあるからです。飼い主さんが食べ物を与えると、犬は基本的に、喜んで食べます。その様子を見て、勘違いする飼い主さんが多いのです。

「こんなに喜んでいるんだから、もっとあげよう」

それで、つい、与えすぎになり、肥満につながるわけです。でも、これは飼い主さんの自己満足ではないでしょうか。

私が顧問を務めるピーリンクで、ドッグフードに関して飼い主さんにアンケートを取った際、次のような意見が実に多いことに驚かされました。

「自分のワンちゃんにとってどのフードが合っているかわからない」

「ペットショップで言われたものをとりあえずあげている」

「よく食べるので、多めにフードをあげているが、適正量はわからない」

「自分が食事をしているとそれを欲しがるので、つい私達が食べているものをあげてしまう」

繰り返しになりますが、ドッグフードは総合栄養食ですから、基準量を超えて与えてしまえば、栄養の摂りすぎになります。習慣的に与えすぎていれば、やがて、肥満になってしまうのは当然なのです。

飼い主さんが食事の量をきちんと管理し、子犬の頃から1日に必要な量を守っていれば、肥満になることは基本的にありません。

肥満になれば、ワンちゃんの健康が損なわれて、人間同様、さまざまな生活習慣病になってしまいます。そうならないようにすることが、本当の愛情でしょう。

また、自分が食べているものを与える飼い主さんもいらっしゃいますが、食べ物によっては、人間には大丈夫でも、犬には命にかかわるような危険な食べ物もあります。絶対にやめていただきたいと思います。

「喜んで食べるから」と、ドッグフードを与えすぎたり、ほかの食べ物を与えるのは、ワンちゃんが喜んでいるというよりも、自分が嬉しいことのほうを優先しています。

どうか、早く勘違いに気づいてほしいものです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
怒涛の半導体&電池

ビッグデータとEVシフトで需要爆発の半導体と電池。今なお日本が強みを発揮できる分野だ。主要企業や市場シェアがわかる業界地図、市場拡大の波に乗る注目銘柄100を掲載。