「日本の柴犬」が韓国で人気犬種になった理由

「チヒロ」や「ダイゴ」など和風の命名も

韓国の柴犬同好会「シバナラ」の集会。会員は約2万0300人を数えるという(写真:shibanara)

釜山の日本総領事館前に新たに設置された慰安婦の少女像問題に端を発し、日韓がぎくしゃくしているが、文化の世界はまた別だ。文化といっても映画や音楽などではなく、韓国で今脚光を浴びているのは、なんと日本犬の柴犬だ。

「きゃあー、柴、柴、柴犬ー」「柴犬? ですよね? 実物、初めて見ました。かわいい~」

ソウルで柴犬を散歩させていると、こんなふうにして何度か声を掛けられる。通り過ぎた人がわざわざ引き返してきたこともある。韓国で柴犬は今、まるでアイドルのような扱いだ。

柴犬を散歩させていると、声を掛けられる

柴犬を飼っている韓国人の友人に聞くと、やはりここ2年くらいで「声掛けられ率」がぐんと上がっていて、「3年くらい前だと、知っている人が少なくて説明するのに苦労したけど、最近はほかの人が散歩させている柴犬に遭遇することも増えたし、散歩中に『柴犬に会った』って感動されることもある。今、韓国では本当に人気があるみたい」と言う。

わが家の柴犬は今年6歳になる雌と昨年8月に生まれた雄の2頭だ。雌のほうは、2011年の夏に日本から連れてきた。

その当時、散歩をしていて必ず聞かれたのは、筆者の連れている柴犬の「犬種」が何か、ということだ。「日本犬の柴犬」と答えたところでピンと来る人はめったにいなくて、韓国の天然記念物、珍島犬(ちんどけん)と間違われることのほうが多かった。

こんな珍事もあった。ある日、ソウル市内のある公園を散歩していると、ベンチに座っていた初老の男性が少し険しい顔をして尋ねてきた。

「珍島犬にしては小さいな。犬種はなんだい?」

「あっ、あの、日本犬の柴犬です」

そう答えると、その男性は目を見張った。何を言われるのだろうと身構えると、「日本犬か。どおりで豊臣秀吉に似ている」と思いもしない言葉が飛んできた。

へっ? 豊臣秀吉? 豊臣秀吉は、韓国では慶長の役で韓国に攻め込んだ人物として知られるが、いったい……。

次ページ以前は低かった知名度に変化
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT