嫌われる人の「聞く態度」、よくある7大NGは?

「目線、スマホ、腕組み…」あなたは大丈夫?

まず、よくありがちなのは、相手のほうに体を向けない、意味もなく上半身を揺らすなど「姿勢」に関するNGです。

意味もなく「揺れる人」いませんか?

【1】相手に対して「体を正面」に向けない

魚住りえさん×西川忠志さんのトークイベントを6/4(日)16時より紀伊國屋書店 梅田本店で実施します。詳しくはこちら(写真は以前のイベントの様子、撮影:尾形文繁)

相手と話すときに、特に理由がなくても「相手に対して体が斜めになってしまう」人がいます。

「正面を向くのが恥ずかしいから」なのかもしれませんが、そっぽをむいているようにも見えて、いい感じはしませんよね。

まずは「相手に体をきちんと向けて座る」、そうするだけでも、印象は大きく変わります。少しずつでもクセをつけてみましょう。

【2】上半身を「揺らしながら」聞く

特に男性に多くありがちなのが、「上半身を揺らしながら話を聞く」ことです。相手はその「揺れ」が気になってしまい、会話に集中できません。

私はこれを「会話の船酔い」と呼んでいますが、意味もなく上半身を揺らしながら聞くのは、相手を疲れさせてしまいます

また、落ち着きがなく見られ、信頼度が低くなる可能性もあるので、無意味な揺れは禁物です。

【3】腕を組み、ふんぞり返って聞く

これも男性、特に年配の方にありがちなのが「後ろにふんぞり返って」「腕や足を組んで」話を聞くことです。自分にその気がなくても「偉そうな態度」と見られてしまい、相手にいい印象は与えません。

話を聞くときは「ちょっと前かがみ、前のめりになる」くらいがちょうどよく、相手に「熱心に話を聞いている」といういい印象をもってもらえます。

どうしてもふんぞり返って聞くクセがある場合は、背もたれに背中をつけないようにするとよいでしょう。

次ページ「こんなクセ」は不愉快です
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。