トランプ大統領に「一発逆転戦略」はあるのか

ロシアの仲介で北朝鮮とトップ会談?

ロバート・ミュラー特別検察官。写真は2013年6月、米議会で撮影(写真:ロイター/Yuri Gripas)

ドナルド・トランプ米大統領は、目下、ロシアに関係した2つの疑惑について、野党民主党や米メディアに激しく追及されている。

この連載の一覧はこちら

1つは、昨年の米大統領選に絡んだトランプ陣営とロシア政府との癒着疑惑と、それを追及している連邦捜査局(FBI)に対する捜査妨害疑惑、もう1つは、トランプ大統領によるロシア外相への機密情報漏洩疑惑だ。

この2つの疑惑追及でトランプ大統領は、以前にも増して窮地に立たされている。とはいっても、どんな逆境にも強靭でしたたかなトランプ氏のことだ。そんな窮地にもひるむことなく、退勢挽回のチャンスを虎視眈々と狙っている。

ミュラー特別検察官は弾劾追及まで行くか

5月17日、そのロシア絡みの第1の疑惑を捜査するFBIを監督する特別検察官に、ロバート・ミュラー氏が任命された、と米司法省が発表した。

ミュラー氏は元FBI長官であり、つい最近、解任されたジェームズ・コミー氏の前任者である。ブッシュ・ジュニア元大統領、バラク・オバマ前大統領時代にFBI長官として実績を積んだ。コミー氏はミュラー氏の部下だった。

ミュラー特別検察官の任命について、米議会では、共和党、民主党とも、もろ手を挙げて賛成している。FBI長官としての実績があり、公正な判断をする法律家としての評価が定まっているからだ。

次ページ「第2のウォーターゲート」となるのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT