「トランプリスク」はかなりヤバイことになる

大統領自らアメリカ経済の足を引っ張る懸念

ぐっちーさんの予想通りか?コミーFBI長官(右)が解任、トランプ政権はさらなる迷走を始めた(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

ついに、というべきか、予想通りと言うべきか、アメリカのトランプ政権がさらに迷走を始めました。

この連載の記事はこちら

自分を捜査対象にしている可能性の高いFBI(米連邦捜査局)のトップ、ジェームズ・コミー長官を解任したというのですから、話は穏やかではありません。

しかも、当初、「司法省が解任の方針を持って来てドナルド・トランプ大統領は了承しただけだ」、と伝えられたのですが、実は自分で解任した、という事実を自らばらしたというサービスぶりで、迷走の度合いはますます増してきました。

ニクソン大統領と同じ道をたどる?

詳しい経緯は、例えばこんな記事(英国のFT紙翻訳版)を参考にされるといいと思います。

もうこれは、ニクソン大統領と同じ道をたどっている可能性まであり、共和党内部からも「第3者審査委員会」を作れ、という声はすでに出ていますし、アメリカのこれまでの政治史から見ても、このままで済むものではないことは明らかです。

トランプ大統領は実際いまだになんの実績もないし、その迷走ぶりはひどい、とこれまでも書いてきましたが、先日テレビで話した時に某評論家がまだ100日しかたっていないんだからそれは手厳しすぎる、と指摘してきたので、「あんた、甘いよ」と言ってやりました。

同じ大統領1年生だった、あの2008年のリーマンショックの真っただ中、バラク・オバマ前大統領はざっと挙げても、2009年になってから次のことくらいはやっていました。

次ページオバマ前大統領が就任直後に手がけたこととは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT