蓮舫さん、「安倍首相の攻め方」ご教示します

日米首脳会談は大成功だが「これからが本番」

ぐっちーさんの目から見て今回の日米首脳会談は大成功。でも安倍首相の真価が問われるはこれから。(写真:ロイター/アフロ)

このお話を書くとまた、東洋経済オンラインの「コメント欄」が荒れそうな予感がしますが(苦笑)…。

アメリカでは、イヤな奴とは「絶対ゴルフはしない」

今回の日米首脳会談は、誰が何と言おうとも、ワタクシぐっちーの長いアメリカ生活の経験から見ても大成功、と言えるでしょう。1980年代、青二才の私にまでしてくれた彼の「気遣い精神」(編集部注:ぐっちーさんはビジネスマン時代のトランプ大統領と直接会っている)は、やはり生きていたというべきです。イヤな奴とでも飯は食うわけですが、アメリカではイヤな奴とは絶対にゴルフはしないというのがビジネス界の常識です。

ここで改めてスケジュールを振り返ってみましょう。

10日 首脳会談→昼食(ワーキング)→大統領専用機・エアフォース・ワンでフロリダのトランプ大統領別荘へ→夕食→フロリダ泊

11日 朝食→ゴルフ→昼食→ゴルフ→夕食→日米共同記者会見→北朝鮮非難→フロリダ泊

12日 帰国

こんな首脳会談見たことがないですよ。

だって、トランプの別荘(私邸)に泊まって飯食ってゴルフばっかりしている。みなさん、ご自分で接待することを考えてください。嫌いな奴、イヤやな奴にこれだけのことを「いくら仕事のためだ」、と言ってもやりますか?

まあ一回くらい飯は食うでしょうが、27ホールのゴルフはイヤでしょうよ。これだけ首脳同士が二人で濃密な時間を過ごすなどは通常ではあり得ない。すごいことだと思います(何が裏にあるのか、と勘繰ることも必要ですが、それは後述)。

次ページ「ゴルフ三昧」は気を使ってもらっている証拠
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT