蓮舫さん、「安倍首相の攻め方」ご教示します

日米首脳会談は大成功だが「これからが本番」

それに当欄でご一緒している吉崎達彦さん(双日総合研究所副所長)もおっしゃっていますが、「アメリカ軍を駐留させてもらって感謝している」、という発言にはびっくりしました。こんなことを言った大統領はこれまで誰もいません。駐留経費をもっと払え、なんて話は一言も出てきませんでした。

しかも、安倍さんがついていると思うのは、こういう時に実にタイミング良く、北朝鮮がミサイルを撃ち込んでくる。何度目ですかね?安倍首相は当初、日本の立場を説明する、ということで単独で記者会見を開くつもりだったそうですが、トランプ大統領が「オレが横にいたほうが迫力あるだろ」と言ってわざわざ横に立って、余計なことは一言も言わずに最後、「アメリカは100%日本と共にある」(The United States stands behind Japan, its great ally, 100 percent.)と言い切ったわけです。

これを「日本は属国に成り下がった」とか批判するのは見当違いもいい所で、これだけの発言をしたアメリカ大統領は今までいなかったということに注目すべきでしょう。

「イヤホン外し」は絶大な信頼のサイン

トランプ大統領が同時通訳のイヤホンを外していたことにアメリカでも非難が集中し、「あいつはいつから日本語ができるようになったんだ」、とか言われていますが、それも筋違い。

私も日米の様々な交渉の立場に立ち会うわけですが、もうこれ以上通訳はいらないよ、ということはたまにあって、もうあいつのことはわかっているからいいんだ、という信頼のサインなわけです。そりゃそうですよね。

恋人同士だって疑いがあるからこそ、聞き耳を立てたり、相手のスマホの中身を見ようとするわけであって、本当に信頼してたら別に何言ってるかなんて気にならないでしょ? 

そういう意味で見ると日米の首脳がこれだけの信頼感を短期で醸成できたというのは奇跡的なことだと思います。

野田佳彦幹事長(またまたセンスの悪い民進党)は報道によると「あまり仲が良くなりすぎると言いたいことも言えなくなる」と批判しました。全く頭が悪い、というかご経験がなさすぎる、と言うしかありませんね。逆でしょう。仲がいいからこそ何でも言えるんですって!!もう、批判するならもう少しましな批判をしてほしい。

次ページ経済面では、どう評価すべきなのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。