一目置かれる人は「未来の記憶」を操っている

部下を動かす「ビジョン」は生み出せる

こうして作り出していくリアルなビジョンは、そのときに湧き起こる感情を体の奥からより強く感じさせてくれるという、さらなる相乗効果をもたらします。

こういった行動を日々繰り返すことで、未来記憶は徐々に定着していくのです。

リラックスした状態を作り出すことがポイント

『記憶力が最強のビジネススキルである』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

このエモーション化を進めるうえでのポイントは、リラックスした状況で行うこと。前述のとおり、感情と体の動きには関連性があるため、体が緊張して固くなっていると、感情も動かなくなってしまうのです。緊張していると顔もこわばり、笑顔すら出てきませんよね。

自室や風呂の中など、自分が大いにリラックスできる場所や状態で、これらの「ビジョンを強化する」トレーニングをしてみてください。

リラックス状態の中でひとつのことに心を集中させるのは、「瞑想」に近いかもしれませんね。

また、日頃からリラックスを心がけることも重要でしょう。仕事中など、無意識に体が固くなってしまう場面が続く場合がありますが、そんなときにおすすめなのが、「胸を開く」ことです。

やり方は簡単。深呼吸をしながらひじを後ろに引き、胸を前に出せばOKです。胸には私たちの命の中心ともいうべき心臓があります。緊張すると、無意識に胸を守ろうとして、腕組みをしたり肩に力が入ったりしてしまいます。そこを開くことで緊張が解け、リラックスした状態を作り出すことができるでしょう。

以上のことをまとめると、次のようになります。

(1)未来記憶である「ビジョン」を、五感をフル稼働し詳細に思い浮かべる

(2)思い浮かべたビジョンに沿って体を動かし(モーション)、感情(エモーション)を呼び起こす

(3)リラックスした環境をつねに作り出す

さまざまな障害の中でも揺るぎなく、周りの人を引っ張っていくためのリーダーシップを身に付けるために、「未来記憶の強化と定着」トレーニングはとても有効です。

この春、新リーダーとなったあなたも、ぜひ試してみてください。

(構成:山岸美夕紀)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT