ロシア大統領、サイバー攻撃への関与を否定

ロシア企業にも小規模の被害

 5月15日、ロシアのプーチン大統領は、情報機関は悪用される可能性があるソフトウエアを作るリスクを認識すべきと述べた。訪問先の北京で撮影(2017年 ロイター/Alexander Zemlianichenko/Pool)

[北京 15日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は15日、情報機関は悪用される可能性があるソフトウエアを作るリスクを認識すべきと述べた。週末に、コンピュータをロックして、解除のために金銭を要求する「身代金(ランサム)ウエア」による被害が世界中で起きたことを念頭にした発言。

プーチン大統領は、ロシアはサイバー攻撃に関与していないと述べた。

プーチン大統領は、ハッキングツールがもともと米国家安全保障局(NSA)が開発したソフトで、ハッカーが盗難して悪用したとの報道に言及した。

大統領は、今回の大規模なサイバー攻撃でロシア企業も被害を受けたが深刻な被害は出ていないと述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT