カルビー「ポテチショック」が呼び込んだ特需

コイケヤにも波及、消費者が一斉に走った

次に休売対象となったカルビー「ポテトチップス」商品に絞って売上点数を見てみた。

2017年4月10日(月)から始まった1週間は同72点となった。直前1週間は38点だったので2倍弱にハネ上がったものの、2017年1~3月までは同40~70点ぐらいで推移していたため、爆発的に増えたワケではない。

ポテトチップス全体に占める、休売対象商品の寄与度はさほど大きくない。カルビーのポテトチップス販売量はかなり増加しているのに、実際の休売商品POSデータの売上増はそれほどでもないのだ。ということは、休売の報道につられて、販売を継続するポテトチップスまで消費者が購入したと考えられる。

ついでに、湖池屋の「ポテトチップス」についても同じく売上データを見てみた。同社もカルビーと同じく、一部商品の販売休止を決めたが、それは3月末のこと。しかも同社は特にホームページに載せているわけでもない。報道やネットニュースで書かれているが、少なくとも休売を決めた時期は4月10日ではない。

しかし、実際には2017年4月10日(月)から始まった1週間の売上点数は急増していた。2017年1~3月までは1店当たり週に50~60点ぐらいで推移していたのが、2017年4月10日(月)から始まった1週間は同93点になった。直前1週間は同44点。それまでの約2倍にハネ上がったことになる。

次ページコイケヤ「ポテトチップス」もグラフで見てみよう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT