明治とロッテ「量販チョコ頂上決戦」真の勝者

ミルクチョコレートとガーナの実販売動向

明治「ミルクチョコレート」とロッテ「ガーナ」(撮影:梅谷秀司)

今日は2月14日、バレンタインデーだ。1年のうちで最もチョコレートの存在を意識する日だ。

実は日本のチョコレート市場は右肩上がりの成長を続けている。総務省の家計調査を見ると、1世帯当たりチョコレートに費やす金額は2007年が3628円だったのに対し、2015年は4755円まで拡大している。女性を中心に、カカオポリフェノールやカカオプロテインへの関心が高まっている。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどのチョコレート売り場にはさまざまな量販品が並ぶが、日本人になじみのある2大ブランドといえば、ロッテ「ガーナ」と明治「ミルクチョコレート」といえるだろう。それぞれが売り場で存在感を放っている。

量販チョコ頂上決戦の実態

この2ブランド、いったいどちらが売れているか気になったことはないだろうか。試算するのは、なかなか難しい。というのも、各企業の決算状況では、そこまで詳細な売上高を公開していないからだ。

ロッテは、菓子カテゴリが売上高2197億円(2015年度)をほこる。そのなかでも、チョコレートは1028億円と約半数を占める。ただ、そのなかでもガーナブランドの売上高まではわからない。

明治も同様だ。たとえば2015年度の食品セグメント売上高は1兆0218億円と報告しているものの、そのなかの個別チョコレートブランドの売り上げまでは開示していない。同社は「チョコレートは明治」というキャッチフレーズで展開している。「明治ミルクチョコレート」は発売90周年だった。主力商品だけに健闘は予想できるものの、決算書からは読み取れない。

次ページスーパー1店舗当たりの売り上げ点数は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。