コストコはなぜ年会費4400円に上げるのか

徹底した「顧客主義」の裏側にある苦悩

最近は時給が高い職場だということでも、しばしば話題に(撮影:尾形 文繁)

市民権を得たコストコ

「コストコ」と聞いて、もはや知らないひとは少数派だろう。正式名称はコストコ・ホールセール。米国生まれの会員制小売りチェーンで、1999年に福岡県糟屋郡の久山倉庫店を第1号店へ日本進出してから17年で、徐々に店舗を広げてきた。いまでは幕張、多摩境、新三郷、座間、岐阜羽島など、日本国内に25店を構える。全世界では、2016年7月時点で約700店のネットワークだ。

コストコは会費(1年更新)を払ったお客に、割安な価格で商品を提供しているのがビジネスモデルの特徴だ。コストコに行った経験がある読者も少なくないだろうが、巨大な倉庫のような店内に、生鮮・加工食品から飲料、日用雑貨、家電製品、事務用品、衣料、カー用品など幅広い商材を取りそろえ、業務用サイズを中心としたボリュームのある商品が広い店内に並ぶ。フードコートや調剤薬局、ガソリンスタンド、補聴器センターなどを併設する店舗もあり、休日は家族連れでにぎわう人気店である。

そのコストコが1999年の進出以来、初めて日本で会費を値上げする。これまで個人会員は年4000円(法人は3500円、いずれも税別)だったが、9月1日からは同4400円(法人は3850円、同)と従来から1割の上昇だ。

1999年からインフレ率が上昇しておらず、消費者物価指数も横ばいを続ける日本で、10%も上がることに驚いたひともいるだろう。ただ、このコストコのビジネスモデルを考えるうえで、この年会費はきわめて重要な意味を持つ。そこで、コストコのビジネスモデルについて、実際の損益計算書を見ながら検証してみよう。

次ページ意外なコストコの姿
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。