明治とロッテ「量販チョコ頂上決戦」真の勝者

ミルクチョコレートとガーナの実販売動向

・売り上げはドラッグストアでも同様か

ドラッグストアのPOSデータも見てみた。2015年の販売個数はミルクチョコレートが1店舗当たり53個に対して、ガーナは同75個、2016年にいたっては、ミルクチョコレートが同58個に対して、ガーナは同64個だ。ここでもガーナがリードしている。

やはり1店舗当たりの売り上げ点数は拮抗している。

・平均売価(ドラッグストア)

平均売価はミルクチョコレート133円に対して、ガーナ138円だ。こう見ると、両社はドラッグストアについても互角の闘いを繰り広げていたと見える。やはり2月には単価を引き下げることで売り上げ点数増をねらっている。

バレンタインデーの刺客はいるか

バレンタインデーは年間1000億円の関連商品売上高を生むイベントといわれる。少なからぬ人にとって、バレンタインデーはまだ心躍るイベントではあるに違いない。少なくとも、2月の両者、1店当たりの売り上げ点数を見ると、落ち込みは見られない。

ただ、現在では、義理チョコ廃止運動や、ハロウィンやほかのイベントに押されつつある。両者の闘いは、勝負相手がほかのイベントに推移していくかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT