チョコの新潮流「ビーントゥバー」とは何か

日本でも新しい歴史が始まっている

近頃よく聞く、「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とはいったい?© Yuki Ohara

プレゼントされたりお返しを考えたりと、何かとチョコレートが身近な話題となるシーズン。テレビのニュースや雑誌の特集で「チョコレートの最新トレンドはビーントゥバー!」「Bean to Barがチョコレートの新基準」といったタイトルがかなり頻繁に登場している。「ビーントゥバー」は今や世界を席巻するチョコレート界の新潮流だ。最新トレンド「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とはいったい何か。

ビーントゥバーチョコレートとは?

人気雑誌an・an(2017年2月号)の表紙もビーントゥバー一色

まず、「ビーントゥバー=Bean to Bar」と聞いたら、「こだわりのチョコレートバー(板チョコ)」をイメージしてほしい。加えて「カカオ豆が主役」「カカオ豆がチョコレートになるまでの全工程を一貫して手掛けた、クラフト的なチョコレート」という特徴もある。

ビーン=「カカオ豆」から、バー=「板チョコ」まで。つまり、ビーントゥバーは、チョコレートの原料であるカカオ豆の仕入れ・選別・焙煎・成形などの、製造の全工程を一人の作り手、あるいは1つのブランドが一貫して行う「チョコレート作りの新しいスタイル」のこと。ビールの世界でいう、クラフトビールに近い。チョコレート自体を「ビーントゥバー」と呼ぶこともあれば「ビーントゥバーチョコレート」と呼ぶこともある。

次ページ「ビーントゥバー」の歴史
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。