チョコの新潮流「ビーントゥバー」とは何か

日本でも新しい歴史が始まっている

「開催目的は、ビーントゥバーを一過性のムーブメントではなく、カルチャーとして根付かせること。国を越えて横のつながりを作ることです」(ダンデライオン・チョコレート・ジャパン 飯田明さん)

ビーントゥバーの何がウケているのか

ビーントゥバーの魅力は、ワインやコーヒーのような嗜好品的要素だ。主に単一産地(シングルオリジン)のカカオ豆で作られるので、豆本来の味がわかる。たとえば「ベトナム産カカオはフルーティ」「ハイチ産カカオはナッツの香り」という感じだ。カカオ豆は産地別・品種別に風味が違い、さらには発酵、焙煎といったプロセスごとに味が変わると気づくと、いわゆる、「はまる」。

2014年富ヶ谷にオープンした「ミニマル」は客の4割以上が男性

クラフトチョコレートフェスティバルを訪れていた女性に聞くと「定期的にビーントゥバーの食べ比べ会をします。みんなで感想を言い合うとまた発見があって面白い」と話してくれた。「チョコレートを科学的に考えられて面白い」と嬉しそうに話す女性は、大学時代に物理を専攻していたそうだ。ビーントゥバーには男性ファンが多いのも特徴で、40代の男性は「カカオという素材に魅せられて、ビーントゥバー店を巡っています」と言う。

洗練された私服で仕事をする「ダンデライオン・チョコレート」のスタッフ

ファンを惹きつける魅力は「スタイル」にもある。オーナーのセンスや哲学が、パッケージやインテリア、スタッフのファッションにまで一貫して及び、店ごとの個性がある。

なぜこの場所でこの内装の店を開き、この農園のカカオ豆を使うのかという理由やストーリーが明確なので、チョコレートの味だけでなく、店のスタイルに共感するファンがついている。

次ページトレンドの背景にあるカカオを扱う「人」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。