チョコの新潮流「ビーントゥバー」とは何か

日本でも新しい歴史が始まっている

タンザニアでカカオ集荷場の女性たちと活動する立花商店の生田さん

日本のビーントゥバームーブメントの背景には、カカオ豆を扱う会社、人の存在がある。立花商店は、2013年から良質なカカオ豆をガーナ、ベトナムなど、世界15カ国以上から輸入し、ビーントゥバーチョコレート専門店に販売している。現在は必要な機器類の輸入代行も行い、4年間で顧客は8倍に。問い合わせは年々増えているという。産地からダイレクトトレードする店もあるが、小ロットで小売りする会社の存在は、開業やビーントゥバーの導入を助ける。

カカオ生産地とチョコレートの作り手をつなぐ

また、カカオハンターとして知られる小方真弓さんは、コロンビアを拠点に、カカオ生産地で研究・開発を行い、ビーントゥバーの裾野を広げた人物だ。品質の高いコロンビア産カカオ豆を日本で販売するほか、自身でもビーントゥバーを手掛け、技術指導をする。カカオ生産地とチョコレートの作り手をつなぐ大きな役割を担う。

ブームが過熱する中、人気店「ミニマル・ビーントゥバーチョコレート」代表の山下貴嗣さんは「チョコレートは食べ物なので一定の品質管理、安全管理が重要。プロ以外の人が真似をして安易にカカオ豆からチョコレートを作り、販売し、ワークショップなどを行って口にするのは安全でないことがあるので注意が必要」と話す。

立花商店の生田渉さんは、「日本では欧米ほど板チョコレートが消費されていない。日本に合った商品も開発しながら、日本独自のビーントゥバー文化が定着するとよいのではないか」とも言う。ビーントゥバーの価格は、ほぼ1枚1000円以上。良いカカオ豆から小規模生産すれば値段は上がるが、何も説明がなければ、板チョコなのにと価格に驚く消費者もまだまだ多い。

ヨーロッパのショコラティエが作る高級チョコレートは、2000年代初頭から日本に広く紹介され、今やギフトに適した味の芸術品として日本に定着した。同じ2000年代初頭に米国のガレージで生まれたビーントゥバーチョコレートは、今後どう日本に定着していくだろう。まったく新しいチョコレートの歴史が確かに始まっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。