マックとモスで「太りにくい」メニュー選び

カロリーだけでなく栄養素も見ておこう

健康面も考えて、それでもハンバーガーショップに寄りたいときには…(撮影:今井康一)

「ダイエットしよう!」と、カロリーの低そうなものを選ぶ人が多いと思いますが、実はこれ、あまりおすすめできません。

やみくもなカロリー制限はかえって太りやすい体をつくり、特定の栄養素が足りなくなって体調を崩す危険があるのです。

拙著『外食女子のための太らない選択』でも取り上げているうち、なじみのある代表的な外食チェーンのメニューの中から、どっちにしようか迷ってしまいそうな2品を挙げて、「どちらのメニューを選べば、少しでも太りにくいか」を解説します。

今回ご紹介する外食チェーンは、「マクドナルド」と「モスバーガー」。2大ハンバーガーチェーンです。Webサイトでの公開情報や店舗でのメニュー調査を基に、栄養成分や栄養学的要素から判断しました。

ときどき無性に食べたくなるアレは

まずはマクドナルド。ときどき無性に食べたくなる、定番サイドメニューの「チキンマックナゲット」と「マックフライポテト(Mサイズ)」の2つをピックアップしてみました。どちらが太りにくいメニューでしょうか?

揚げものなので量の割に高カロリーですが、あえて選ぶならチキンマックナゲットがおすすめです。

次ページジャガイモは野菜、ですが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT