鶏むね肉はヘルシー&低価格の最強食材だ

唯一の難点「パサパサ食感」は解消できます

ヘルシーなタンパク源で安価ということなしの食材。調理法次第でジューシーになる(写真: tycoon / PIXTA)

クックパッドで検索数が年々高まっている注目すべき食材がある。それが「鶏むね肉」だ。年間検索数の推移を見ると、2011年からこの5年で約2.2倍に増加している。2016年上半期の集計ではついに食材別の検索数ランキングでトップ10入りを果たした。ちなみにそのトップ10には豚肉、卵、鶏肉のタンパク源の種類が数多くランクインしているが、食材の「部位」としては鶏むね肉のみが指名されているのが特徴である。

検索数に比例して、同じく急増しているのがレシピ投稿数だ。クックパッドの鶏むね肉のレシピは今や5万品を超えており、炒める、揚げるなどのさまざまな調理法で、おかずやお弁当などさまざまなシーンに登場していることがうかがえる。なぜこれほどまでに鶏むね肉は人気が高いのだろうか。

老若男女から愛される理由

クリックするとニュースサイトにジャンプします

① 高タンパク・低脂肪でヘルシー

牛豚鶏肉の部位別にタンパク質、脂質を見ると、鶏むね肉100g中タンパク質は22.3gと高く、脂質は1.5gとかなり低い。たとえば豚ロース肉の場合はタンパク質21.1g、脂質は11.9gであり、肉類の中では極めてヘルシーなタンパク源だと言える(同様に高タンパク低脂肪のタンパク源は、豚ヒレと鶏ささみがあげられる)。タンパク質は筋肉や血液、皮膚などの人間の身体をつくる主成分。しかも脂肪分が低いということは、体型を気にしてワークアウトやダイエットしている人に特におすすめの食材なのだ。

② 低価格である

さらに注目したいのが価格だ。国産鶏もも肉が100gあたり97円程度であるのに対し、国産鶏むね肉は100gあたり57円程度と圧倒的に価格が低い。高タンパク低脂肪で栄養価としては鶏むね肉と同等の国産ささみも100gあたり97円程度であることから、「低価格な高タンパク源」として鶏むね肉は優秀すぎる食材といっても過言ではないだろう。

次ページ栄養価の高い庶民の味方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT