マックとモスで「太りにくい」メニュー選び

カロリーだけでなく栄養素も見ておこう

「ポテトはジャガイモ。ジャガイモは野菜。ナゲットよりヘルシーなんじゃないの?」とは間違っても思わないように。糖質の多いジャガイモと油で揚げた“マックフライポテト”は、主な栄養素が脂質&炭水化物というおデブのもと。ハンバーガーだけでも高カロリーなのに、さらに炭水化物を上乗せするのは避けたいところです。

一方、原材料が鶏肉のチキンマックナゲットからは、タンパク質がとれます。ハンバーガーだけだとタンパク質不足になってしまうので、サイドメニューにチキンマックナゲットを選ぶことで補いましょう。ただし、いくらおいしくても食べすぎないように。

モスバーガーでは、どちらが良い? 

次はモスバーガー。「ソイモス野菜バーガー」と「モスライスバーガー彩り野菜のきんぴら」をピックアップしてみました。モスバーガーのヘルシーメニューといえば、国産うるち米を使ったモスライスバーガーと、大豆たんぱくを使用したソイパティ。どちらも健康に良さそうなイメージですが、あえて選ぶなら、どちらが良いのでしょうか。

カロリーはどちらも同じですが、太りにくいのはソイモス野菜バーガーです。注目すべきはタンパク質と炭水化物量。モスライスバーガーは、お米をぎゅっと固めているうえに、具材にきんぴらごぼうやニンジンが入っているため、どうしても糖質が多くなります。

不足しがちな食物繊維もたっぷり取れる、ソイモス野菜バーガー

一方、ソイモス野菜バーガーは、パティに肉ではなく大豆タンパクが使われています。タンパク質が豊富で、ライスバーガーの2倍! 不足しがちな食物繊維もたっぷりですし、具材のトマト、レタス、タマネギなどの生野菜も取れます。

健康面も考えてハンバーガーを食べたいときには、できるだけ高タンパク質、低炭水化物で、食物繊維も取れるものを選びましょう。

次ページ流行のダイエットには科学的でないものも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT