マックとモスで「太りにくい」メニュー選び

カロリーだけでなく栄養素も見ておこう

「ポテトはジャガイモ。ジャガイモは野菜。ナゲットよりヘルシーなんじゃないの?」とは間違っても思わないように。糖質の多いジャガイモと油で揚げた“マックフライポテト”は、主な栄養素が脂質&炭水化物というおデブのもと。ハンバーガーだけでも高カロリーなのに、さらに炭水化物を上乗せするのは避けたいところです。

一方、原材料が鶏肉のチキンマックナゲットからは、タンパク質がとれます。ハンバーガーだけだとタンパク質不足になってしまうので、サイドメニューにチキンマックナゲットを選ぶことで補いましょう。ただし、いくらおいしくても食べすぎないように。

モスバーガーでは、どちらが良い? 

次はモスバーガー。「ソイモス野菜バーガー」と「モスライスバーガー彩り野菜のきんぴら」をピックアップしてみました。モスバーガーのヘルシーメニューといえば、国産うるち米を使ったモスライスバーガーと、大豆たんぱくを使用したソイパティ。どちらも健康に良さそうなイメージですが、あえて選ぶなら、どちらが良いのでしょうか。

カロリーはどちらも同じですが、太りにくいのはソイモス野菜バーガーです。注目すべきはタンパク質と炭水化物量。モスライスバーガーは、お米をぎゅっと固めているうえに、具材にきんぴらごぼうやニンジンが入っているため、どうしても糖質が多くなります。

不足しがちな食物繊維もたっぷり取れる、ソイモス野菜バーガー

一方、ソイモス野菜バーガーは、パティに肉ではなく大豆タンパクが使われています。タンパク質が豊富で、ライスバーガーの2倍! 不足しがちな食物繊維もたっぷりですし、具材のトマト、レタス、タマネギなどの生野菜も取れます。

健康面も考えてハンバーガーを食べたいときには、できるだけ高タンパク質、低炭水化物で、食物繊維も取れるものを選びましょう。

次ページ流行のダイエットには科学的でないものも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT