カルビー「ポテチショック」が呼び込んだ特需

コイケヤにも波及、消費者が一斉に走った

これも、おそらくカルビーのニュースを聞いた消費者が、ポテトチップス全体が生産中止になると考え、スーパーマーケットに走った結果だと思われる。

飢餓感がある種の駆け込み需要を生む

今回の販売休止の報道を、どれほどの人が細部まで聞き、ちゃんと調べただろうか。すべてのポテトチップスが販売休止になるようなイメージを抱いた人も少なからずいたに違いない。

それが良くも悪くも、販売量を急増させたようだ。カルビーにとっては、ジャガイモ不足など悪夢でしかないだろうが、その飢餓感が消費者にある種の駆け込み需要を生んだ。

日本テレビが5月12日に報じたところによれば、9月以降にカルビーは販売休止商品の販売を正常化していく見通しだという。

ところで、もちろん私は、これがカルビーのしかけた販促案だとはまったく思っていない。ジャガイモ不足はほんとうだろうし、品質を優先した同社の姿勢も悪いとは思わない。そうではなく、それがたまたまであったとしても、メディアにさかんにとりあげられ、かつすべてのポテトチップスではなく、一部のポテトチップスが販売休止(あるいは販売終了)という状況における特需は確かにあったことがわかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。