北朝鮮作家の「告発本」に書かれていること

北の生活はどれほど苦しいのか

北朝鮮において人権はどうなっているのか?(写真:maroke / PIXTA)

ひもでつづられた分厚い原稿用紙の束。くたびれた紙は薄茶色になっていたが、2013年にそれを手にした韓国の人権活動家・都希侖(ト・ヒユン)には、光を放って見えた。北朝鮮在住の反体制派作家が書いた小説が、おそらく初めて国外に持ち出されたのだ。

743枚の原稿用紙には7つの短編小説が書かれていた。いずれも全体主義体制下の北朝鮮の日常を暴露する内容だ。「話す機械のような、くびきをかけられた人間の」生活とある。タイトルは『告発』とあった。

ソウルで脱北者らの保護に取り組む都は、その日から『告発』を世に出すために奔走した。おかげで現在までに18カ国語に翻訳され、20カ国で刊行されてきた。この3月には英語版も刊行された(邦訳は『告発〜北朝鮮在住の作家が命がけで書いた金王朝の欺瞞と庶民の悲哀〜』として、かざひの文庫が刊行)。

著者名には、パンジという仮名が当てられた。朝鮮語でホタルという意味だ。「『北朝鮮のソルジェニーツィン』のデビューだ」と、自身も脱北者で韓国・国家安保戦略研究所(INSS)の金光鎮(キム・グァンジン)研究員は言う。ロシアの小説家アレクサンドル・ソルジェニーツィンは、ソ連の強制労働収容所(グラグ)を舞台とする小説を書いて世界を震撼させ、ノーベル文学賞を受賞した。

著者は現役の小説家

そもそも『告発』の原稿がたどってきた道のりからして小説のようだ。都が中国の人権活動家から緊急の電話をもらったのは2012年のこと。脱北女性が中国の警察に捕まり、北に送還されようとしているというのだ。そんなことになれば、女性が強制労働キャンプ送りになるのは間違いない。都は大急ぎで資金を調達すると、警察に賄賂を払って女性を釈放してもらい、韓国に来られるよう手はずを整えた。

次ページ小説の持ち出しを頼まれた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT