北朝鮮作家の「告発本」に書かれていること

北の生活はどれほど苦しいのか

都は、『告発』の原稿を見せる相手を厳しく管理している。最近、ニューヨーク・タイムズ紙の記者に見せてくれたが、写真撮影は認めなかった。その筆跡から、北朝鮮政府がパンジを特定するおそれがあると考えたのだ。

さらに念には念を入れて、都は『告発』の登場人物や舞台の名前を変えたという。「架空の名前にしてあるとは思うが、万が一ということもある。パンジが有名になるほど、彼の身の上への心配も大きくなる」。

国際ペンクラブ北朝鮮亡命作家ペンセンター(ソウル)のキム・ジョンエ事務局長によると、彼女をはじめ韓国在住の脱北作家が『告発』を読み、北朝鮮人が書いたものという結論で一致したという。

たとえば、『告発』には北朝鮮人しか書けない表現があると、キムは言う(韓国版には北朝鮮でしか使われない表現に脚注が付いている)。またその構成も、「シードセオリー(北朝鮮の指導原理を中心としたストーリー展開)」を守っているという。ただしパンジは、その指導原理を批判する形で使っているのだけれど。

暗闇に生きる運命

『告発~北朝鮮在住の作家が命がけで書いた金王朝の欺瞞と庶民の悲哀~』(かざひの文庫)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

パンジとは本人が選んだペンネームだと、都は言う。実は743枚の原稿用紙には、7本の短編のほかに50篇の詩が含まれており、その1つにこんな一節があるという。パンジは「暗闇の世界でだけ輝ける運命だ」と。

『告発』で描かれる北朝鮮では、女性たちはたとえ夫が政治犯収容所に入れられていても、「父なる首領様!」と泣き叫んで金日成の死を悲しむようプログラムされている。

「目と鼻が万里」と題された短編では、母親が死にかけているのに、旅行許可証がないため会いに行けない男性の苦悩が描かれている。彼は自分を、「クモの巣にひっかかったトンボ」になぞらえる。

「『告発』は、北朝鮮の人権状況に関する究極の教科書だ」と都は語る。「北朝鮮では『普通の生活』が奴隷の生活に等しいことを教えてくれる」。

(執筆:Choe Sang-hun記者、翻訳:藤原朝子)

© 2017 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。