知ると安心!「髪」にまつわる正しい英語

抜け毛や生え際など、一歩間違うと場が凍る

タロウさん、ジロウさんもイマイチよくわからなかったようで、It’s too complicated for boys. (男子チームには難しすぎる)と頭を抱えていました。一方シロウさんは、大笑いしながら、Anyway, I don’t need a Brazilian wax! (ブラジリアンワックスは、自分には必要ない)と叫んでいました。ハナコさん、ナナコさんは気付いてスルーしている様子でしたが、the boys (男子チーム)は気付いていない様子。シロウさん、It’s Brazilian hair straightening, not a Brazilian wax…(いまはブラジリアン・ストレートパーマの話で、ブラジリアン・ワックスではないですよ……)。

すく? そろえる?

すっかり髪の話のレッスンになってしまいましたが、意外にみんな質問がやまず、このあともいろいろなことを聞かれました。まずは分け目の話になり、

Please part my hair on the right. (右分けにして)
I usually part my bangs in the center. (普段は前髪を真ん中分けにしています)
Can you part my hair on the left? (左分けにしてください)

のような表現を教えました。今回は妙な活躍をしているシロウさんが「バーコードは?」と、また変なことを聞いてきたので、研修ではスルーしましたが、英語で言うならcomboverでいいでしょう。髪を横に流した髪形はすべてcomboverと言い、フサフサの方がしても、そうでない方がしても同じです。どうしても「バーコード」とクリアに説明したいのならbarcode comboverと言ってもいいかもしれませんね。これは、もう造語のレベルにはなってしまいますが(笑)。

次に「毛先をそろえる」をなんと言うのかを聞かれました。これはtrim(切りそろえる)という単語を使うと便利ですね。

Can you trim the ends? (毛先をそろえてください)
I’d like to get my bangs trimmed. (前髪をそろえてもらいたいのですが)

cutは普通に「〈短くするために〉切る」という感じですが、trimを使うと「〈少しだけ切って〉そろえる」という感じのニュアンスになります。

もうひとつ聞かれたのが、「髪をすく」をなんと言うか。ジロウさんが頑張ってひねり出したのが

× Please plow my hair. (私の髪を耕して)

「すく」は「すく」でも、農耕用の鋤(すき)で「すく」になってしまいました。美容院などで、「髪をすいてください」と言うのであれば

Can you thin out my hair? (髪をすいてください)

thin outを使うといいでしょう。すいてほしい場所を指定したいなら

Can you thin out the sides? (横をすいてください)
Please thin out the back a little (後ろを少しすいて)

のように部位をつけて言えば大丈夫です。

すると、Well… (あの……)と、またシロウさん。嫌な予感がしたのですが、案の定My barber used to ask me if he should thin out my hair but he doesn’t anymore. (昔は床屋さんで髪をすくかどうか聞かれたけど、もう聞かれないね)と、コメントしづらい発言。

すかさずナナコさんが真顔で、Well, it’s up to you. (でも、あなた次第でしょう)とコワいツッコミを……。「すいてほしければすいたらいいのよ」って、あれ? ナナコさん、さっきの発言も実は確信犯?

シロウさん、ケタケタと笑いながらI want to get my hair thickened out! (〈すくのではなくて〉フサフサにしてほしい!)ですって。反応に困った1日でした。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。