「歴史の教え方」は、日米でどう違うのか?

リベラルアーツ流の「考え方を考える」授業

“M”を実際に見た後、本当に何にも書く内容が思いつかなかったので、とにかく長い時間考えていました。

そこで、トーマス・マンのときのことを思い出し、系統化して考えてみました。

・この映画が取り扱っている時代はいつか?その特長は?

・オーディエンスは誰だったのか?

・何を目的としているのか?

このように考えていると、ある瞬間ズシャッと思いつくことがあったりします。熱く語ってしまうとあと5ページは語れてしまうので、すごく簡略化すると、「この映画に描かれている連続殺人犯の心理構造と、この映画を見ている1931年のドイツの人々の心理構造は全く同じものである」と私は分析しました。

これだけだと訳が分からないと思うのですが、これに気がついてからペーパーを書き始めると、それに関連したことがわっしゃわっしゃと思いついて一気にペーパーが書けました。それらを”M”に見出せた時の感覚ってもう嬉しすぎて、母と姉にスカイプで30分ずつかけて説明してしまいました。迷惑ですね。

20世紀の記憶

というわけで最近歴史について色々と考えているのですが、アメリカに来てから、日本人として、やはり第二次世界大戦に関して考えさせられることが多くあります。そこで自分の中での何回も考えるようになったテーマが、20世紀、特に第二次世界大戦の記憶に関してです。

・ 戦争を経験された世代と私たちの間でどのように戦争の捉え方は違うのか?(経験と知識の違い)

・ 戦争を経験していない自分たちの責任は何なのか?

・ 私たちは第二次世界大戦についてどのように理解し、どのように今後に繋げて行くべきなのか?

このテーマは本当にすぐに答えが出るようなものではないと思いますし、出ていいものでもないと思います。ですが、これに関して今後も様々な文献を読み、自分で考え、人と対話をすることを通して考えていきたいと思っています。

(構成:アゴス・ジャパン 後藤道代)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT