KDDI、ジェイコム連結効果で9割増益

第1四半期は売り上げ1兆円の大台に

KDDIでは年末年始から各種の通信障害が頻発していたが、ユーザー流出が増えるなどといった、業績に対する影響はほとんどないようだ。

通信障害は影響軽微、2.5ギガヘルツ帯はスマホに活用

田中孝司社長は「障害に関しては皆様に迷惑をかけて大変申し訳ないと思っている。ただ、業績への影響はほとんどない。解約率も上がっておらず、お詫びとしてユーザー還元した金額も10億円弱だった。ネットワークに関してはきっちりとやっていきたい」と強調した。

また、グループのWimax事業者であるUQコミュニケーションズに、2.5ギガヘルツ帯の電波の追加割り当てが決まったことについて、田中社長は「UQが努力してきたことが評価され、非常にうれしい。Wimaxはモバイルルーターを中心に成長してきたが、今後はより高速のWimax 2プラス(ワイマックスツープラス)規格となり、スマホでも使っていくつもり」と表明。2.5ギガヘルツの帯域を活用していく方針を示した。

今回割当が決まった2.5ギガヘルツ帯については、UQと同様に申請していたソフトバンクグループのワイヤレスシティプランニング(WCP)が、「不公平」だと総務省に抗議しており、近く行政訴訟に出る構えだ。

WCPの社長も務める孫正義社長は「KDDIグループには元総務省の幹部が入社するなど、天下りがあるために、割り当ても有利に働いたのではないか」と指摘している。田中社長はこうした天下りの是非について聞かれると、天下りが追加割当てに与えた影響については否定したうえで、「優秀な方に来ていただくことで、会社にとってプラスになると思っている」とした。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。