LINE2億人突破、成長はどこまで続く?

海外ユーザー拡大の一方、浮上する新しい課題

国境を越えて利用者が拡大しているLINE。通話やメールのほか、「LINE POP」などのゲームは35タイトル提供。課金収入も増えてきている

 日本発の無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」の勢いが増している。7月21日、登録ユーザー数が2億人を突破した。2011年6月にサービスを開始し、13年1月には1億人に到達。それからわずか半年でユーザーが倍増した。これはフェイスブックやツイッターといった世界的なネットサービスの普及スピードを凌駕する。

伸びを牽引しているのは海外ユーザーだ。台湾では人口約2300万に対し1500万超が登録。タイでも台湾と同じ規模のユーザーが存在し、昨年後半にはスペインでも人気に火がついた。強力な競合サービスが存在する中国、米国でもユーザー数は着実に拡大している。

日本のユーザー数は今年4月末から4500万とほぼ変わっていない。ただ、これは日本のスマートフォン契約者数とほぼ同水準である。LINEはすでに国内市場をほぼ刈り取ったといえる。

躍進の理由を「スマートフォン仕様に合わせることだけに集中したこと」と運営会社LINEの森川亮社長は分析する。その象徴が従来型携帯電話よりも画面が大きいスマホの特性を生かした、通常の絵文字よりも大きいスタンプ機能。同様のサービスで先行したカカオトークは先にスタンプも提供していた。が、LINEが自社開発したスタンプのキャラクターが若い女性を中心に支持され、あっという間にカカオのユーザー数を抜き去った。

次ページヤフーとのガチンコ勝負
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT