LINE2億人突破、成長はどこまで続く?

海外ユーザー拡大の一方、浮上する新しい課題

売り上げも順調増

無料サービスで集めた大量のユーザーを収益に結び付けることにも成功しつつある。12年4月にはスタンプの有料販売を開始。その後もLINEを通じたゲームや漫画などの提供を始めた。

その結果、業績は順調に拡大している。13年1〜3月のLINE事業の売上高は60億円弱と12年10〜12月からほぼ倍増。うち5割がゲーム課金でスタンプ課金が3割を占めた。アプリ調査会社のアップアーニーによれば、非ゲーム系のアプリにおいて、13年5月のアンドロイド端末向け公式ストアの世界売上高ランキングでLINEは1位、アップルの端末向けでも3位に位置している。

さらにスマホ時代の主役の座を固めるべく、新たな一手も打った。

7月18日、新サービス「LINE NEWS」を開始。パソコンに比べて小さいスマホ画面でも見やすいように、独自の編集でニュースを要約して提供。ユーザーが閲覧したトピックを認識し、関連記事を通知する機能も用意した。肌身離さず持ち歩くスマホに最適化することで、ユーザーを囲い込む作戦だ。

ヤフーとのガチンコ勝負

急成長するLINEは、日本のインターネットの王者、ヤフーの地位を脅かしている。従来、ネットで最も使われるサービスはポータル(玄関)で、その覇権を握っていたのがヤフーだった。が、ネット利用のメインデバイスがパソコンからスマホに移行する中で、ヤフーの存在感は薄れている。

危機感を持ったヤフーは、12年10月にカカオの日本法人カカオジャパンと資本・業務提携を結んだ。しかし、日本でのカカオのダウンロード数は13年6月で1100万と、LINEに差をつけられている。そのうえ、ヤフーの有力な集客エンジンでもあるニュースにも、今回LINEが挑戦状をたたきつけた格好だ。

次ページLINEの死角
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT