グーグルの人が「飲み会」を重視する深いワケ

実は仕事の生産性も上げている

大体の人は時間がくるか仕事が終われば帰宅しますし、そもそも、車で通勤しているので、「帰りにちょっと1杯」ということができない、ということもあります。

その分、多くの外資系企業では、部下との面談について詳しくルール化されています。たとえば、週に1回は現状進んでいる仕事に関して打ち合わせをしなければいけないとか、何カ月に1回は、コーチングとして、キャリア全体の話をしなければならないとか。

おそらく、日本では、こうしたことは「飲みニケーション」のなかに吸収されている部分もあったのではないでしょうか。

グーグルのTGIFとは

飲みニケーションに少し似ているのは、グーグルのTGIFでしょうか。

これは「Thanks Google It’s Friday」(もとはThanks God It’s Fridayといって、週末を祝う言葉です。レストランのTGI Fridayなどもここからきています)のもじりで、毎週金曜日の午後グーグル本社で行う全社的なミーティングのことです。

ここでは、社長や幹部がプレゼンをし、質問者はそれに対して直接質問ができますが、その場には、お酒や食べ物もあって、参加者同士、フランクに議題について話し合います。

「社長の意見は間違っていると思うのですが、いかがでしょうか?」といった、はじめて見た人はびっくりするような質問が出ることもあるのですが、それでも社長は丁寧に答えてくれます。もちろん、あとで上司から「お前、失礼な質問をしていたな」などとにらまれることもありません(笑)。

ほかにもグーグルでは、幹部に質問ができる制度や、部活などの仕事以外の人間関係を醸成する場がたくさんあります。

こうした場は、ただ「風通しがよくなる」だけではありません。実は生産性にも大きく影響してくるのです。

次ページ2つの質問に「イエス」と答えられますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。