保活の選考「優先順位」に翻弄される親たち

「引っ越し」がアダになる区も

墨田区では17年度入園の新規募集1次選考で、714人の子どもたちのもとへ「不承諾通知」が届いた。認可保育園1222人の枠には、「新住民」より「旧住民」が優先された(写真:編集部・金城珠代)

どの子を入園させ、どの子を待機にするのか。その線引きは難しい。毎年のように見直される基準に、親たちは翻弄されるばかりだ。「保活」という名の椅子取りゲームは、一体いつまで続くのか。

認可保育園の申し込み締め切りまで残り1カ月と迫った昨年11月。東京都墨田区に住む女性は、案内の冊子を開いて目を疑った。入園希望者が同点で並んだ場合に承諾と不承諾を分ける16の「優先順位」のうち、最後の二つが入れ替わっていた。

2016年度入園までは、「居住歴が長い世帯」より「年収の低い世帯」が有利だったのだが、17年度からは逆になったのだ。

保活引っ越しが裏目に

都内の「保活激戦区」と言われる地域から入園決定率の高かった墨田区に、妊娠中に引っ越した。居住歴は1年未満。昨年の案内は隅々まで読み、倍率やボーダーラインも調べ上げて、フルタイムの共働きで駅から遠い小規模園なら0歳児クラスに息子を預けられる、と踏んで決めた街だった。「年収の低い世帯」として優先されるよう、妊娠中は残業を控えるなど思いつくことはすべてやった。

「締め切りまでにもう一度引っ越すなんて無理。手はありませんでした。引っ越し先で基準が変わらない確約もないですから。もうギャンブルですよ」

1次選考では申し込んだ7園すべてで「入所保留」。前に住んでいた区では同僚の子に「承諾」。保活引っ越しが裏目に出た。このままでは仕事を辞めざるを得ず、生活できなくなる。

次ページ不承諾になった親たちの不安や怒りは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。