完走者の3割未満、「サブ4」を達成するコツ

マラソンはきつい練習がいいとは限らない

“サブ4”を達成するには、どのようなトレーニングをすべきか(写真:田村翔/アフロスポーツ)

マラソンシーズン真っ盛り。本番に向けて、せっせと走っているランナーも多いことだろう。しかし、なんとなく走っているようだと、なんとなくの結果で終わってしまうもの。そこで、今回は必ず結果が残せる「マラソントレーニング」を紹介したい。

筆者はトップ選手からマラソン完走を目的とする芸能人まで、さまざまなレベルのランナーを取材してきた。現在は、「ラブ・ラン・ガールズ」という女性限定のランニングクラブも主宰しており、20代女性4人が初マラソンに臨んだときのことを、2年ほど前のコラムに書いた(「初フル」マラソンをサクッと完走する方法)。その後も、当時行ったトレーニングを軸にクラブメンバー15人ほどがマラソンに挑戦した。そして、「確信」したことがある。それは、しかるべきトレーニングをすれば、マラソンは必ず走れるということだ。

昨年の熊本城マラソンには3人のランナーが参加して、全員が4時間30分切りの自己ベストをマークした(Aさん3時間50分→3時間44分、Bさん4時間23分→4時間18分、Cさん4時間31分→4時間22分)。スピードを考えると、女性の“サブ4.5”は、男性の“サブ4”と同じだけの価値がある。そこで今回は、市民ランナーの「中級者」ともいえる4時間を切る“サブ4”をどう達成すべきなのか? をじっくりと解説したいと思う。

イーブンペースにだまされるな

この連載の一覧はこちら

雑誌『ランナーズ』の調査によると、フルマラソンの平均タイム(日本人)は男性が4時間35分ほどで、女性が5時間10分ほどだという。男性でも4時間を切るのは、そこそこ難しく、マラソン完走者の上位約30%に入るほどの領域なのだ。

ちなみに「キロ5分40秒」ペースで走り切ると、フィニッシュタイムは3時間59分06秒。めでたく“サブ4”となる計算だが、実際はキロ5分40秒ペースで走ろうとすると、たいてい失敗する。なぜなら、スタート直後は大混雑でペースが上がらないし、トイレ休憩が必要になる場合もある。そして、イーブンペースで最後まで走るのはほぼ不可能だからだ。

次ページどういう「ペース配分」が正解なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。