イタリアを目指す「難民」の知られざる素顔

映画「海は燃えている」の監督が語る

映画には使われていないけれど、実際にカメラを回していたシーンはたくさんある。でも僕は、できるだけ相手のポジティブな面を描きたい。

「ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ」(※)のように、相手の弱点や欠点をわざわざ見せるようなことはしたくないんだ。

※:ハンサムな若手政治家として大人気のアンソニー・ウィーナーは、女性に性的なメッセージを送るという“趣味”を持っていた。2011年春、Twitterの女性フォロワーにパンツ一丁の自分の画像をダイレクトメッセージで送ろうとしたら、誤って全世界に公開してしまい一大スキャンダルに発展。失意の内に議員を辞職する。そんな彼がニューヨーク市長選挙に立候補するという。彼の選挙戦を密着取材した──というドキュメンタリー映画。もちろん、すべて実話である。2月18日に日本公開。

困難にあっても明るくあれ

「今月号のGQは持ってきた?え?忘れた?すぐ買ってきて!(笑)」と監督(雑誌はアシスタントに届けてもらいました)

──最後に「GQ&A」に出演されたすべての方に伺う質問でインタビューを終えたいと思います。監督が考える理想の紳士像は?

「信頼できる人」、そして「この人から信頼されたいと思わせる人」だね。ひとたび信頼関係が生まれたら決して裏切らない、というのも重要だろう。

あとは、自分の間違いを認められる人、過ちの責任をとれる人。何か深刻なことがあっても、軽やかさを持って対処できる人は魅力的だと思う。

「ユーモアのある人」という意味ではないよ。良い例がこの映画のタイトル(原題)にもなっている曲「Fuocoammare(海の炎)」で、これは第二次世界大戦中に停泊していたイタリア軍の船が爆撃され、暗闇の中で海が真っ赤に燃えたという逸話から生まれたランペドゥーザ島の伝統曲だ。悲劇的な歴史でありながらも、軽快なリズムが印象的な曲なんだよ。困難に直面しても明るく受けとめられるというのは、稀有な資質だと思わないかい?

公式サイト「海は燃えている

(文: Sayaka Honma 写真: Tohru Yuasa (Portraits))

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。