欧州諸国の「ドイツ叩き」は不穏な未来を招く

建設的な対話をしないと危機は深まる一方だ

メルケル独首相(写真)への批判は行き過ぎているのか? (ロイター/Kai Pfaffenbach)

英国民投票でEU(欧州連合)離脱派が勝利し、イタリア国民投票ではレンツィ首相が敗北した。そのほかのEU加盟国の多くも国内問題に足を取られている。また米大統領選挙ではドナルド・トランプ氏が大統領に就任する予定だ。

そうした中、国際的なリーダーシップへの期待が高まっているのが、ドイツ政府と、同国のメルケル首相である。

ドイツがリーダーシップを発揮するには欧州のパートナー諸国の存在が不可欠だ。しかし、ドイツは多くの批判を浴びているため、パートナーを持ちにくい状況となっている。

ドイツに関する3つの誤解

ドイツが浴びている批判とは以下のようなものだ。1つ目はドイツ政府が2008年の世界金融危機を機に、欧州との連帯を避けているということだ。

だが実際には、ドイツ政府はユーロ圏を支えるESM(欧州安定メカニズム)の創設に尽力したほか、EU銀行同盟に同意した。また欧州最大の財政負担国でもある。

2つ目は、ドイツがECB(欧州中央銀行)による債券購入に同意しなかったことへの批判である。だがドイツは、ユーロを持続可能にするためのそのほかの諸施策には協力的であり、その点だけを批判するのはフェアとはいえない。

ドイツに対する3つ目の批判は、その緊縮的な財政政策によって、貿易相手国に失業などの負担を押しつけてきたというものだ。この点は的外れではないが、それが欧州の不況の主因とはいえないだろう。

次ページ教訓を生かして建設的な道を
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT