欧州諸国の「ドイツ叩き」は不穏な未来を招く

建設的な対話をしないと危機は深まる一方だ

ドイツの政策の誤りを批判するのは簡単だが、より建設的なのは状況を冷静に分析し、過去の教訓を将来の選択に生かすことだ。ドイツ政府がここ数年の英仏伊と同じ道をたどっていたならば、欧州は現在より、さらにひどい状況に追い込まれていたはずである。

確かに、メルケル首相がイタリアとギリシャでの危機に対して打った手は遅きに失した面があったかもしれない。しかし、彼女は難民問題とロシアからの圧力への対処という2つの重要事項に関しては、並外れた寛容さと先見の明を示した。

さらに、メルケル首相はトランプ氏当選への対処でも健全なリーダーシップを発揮した。彼女はトランプ氏を祝福する半面、「民主主義、自由、法の尊重、人間の尊厳といった価値観を共有」した場合に限り、トランプ氏との協力関係を強化する、と条件をつけた。英国のEU離脱交渉でも、英国政府に最も同情的な姿勢を示している。

「ドイツたたき」は逆効果なだけだ

メルケル首相の支持率の高さは依然、ほかの欧州指導者から見れば羨望の的だ。彼女は西側主要国でポピュリストではない最後の指導者となってしまうかもしれない。

ドイツが過去の間違いから学び、欧州のリーダーとして一歩踏み出すべきであることは言うまでもない。

しかし、それだけでは不十分だ。ほかのEU諸国は自国の失敗から注目をそらす手段としてドイツをたたくのをやめるべきだ。こうした攻撃は近年、行き過ぎて逆効果になってしまっている。欧州の深刻な危機を解決するには、ドイツとパートナー諸国との建設的な対話が不可欠だ。

週刊東洋経済1月14日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT