(第14回)阿久悠の履歴書5--上村一夫とビートルズとの出逢い

●企画書の書ける作詞家・阿久悠

 放送作家として自立しかけていた阿久悠は、67年のある日、いきなり徹夜で書かされたという逸話のある『朝まで待てない』を皮切りに、本格的な作詞家稼業を開始する。
 70年代まで生き残った、最後のGSザ・モッブスの初期のヒット曲である。

 GSとの最初の接点はそれより先、まだ広告代理店の社員だった65年、二足のワラジで取りかかった、「世界へ飛び出せ! ニュー・エレキ・サウンド」というテレビ番組だった。
 後のホリ・プロダクション社長・堀威夫、田辺エージェンシー社長で、当時はザ・スパイダースのリーダーだった田辺昭知ら、錚々たるメンバーがスタッフに加わっていた。

 阿久悠は番組企画書を書いて、これをなんとか通した。
 コンテストの優勝者に、ロンドンでのレコーディングという特典のつく新番組の志は、「トウキョウ・サウンドで世界を制する」だったが、無論そうはならなかった。
 リバプール・サウンドの向こうを張った日本のGSは、70年代前半までに、ことごとく消滅するのである。

 ただ、そこで起きた不可逆の「地殻変動」に、阿久悠が立ち会っていたことが重要なのである。「その時ぼくが気合いを入れて作った企画書は、歴史に残ると自賛している」(『夢を食った男たち』)と彼は語る。

 企画書の書ける作詞家、それが阿久悠だったのだ。

●「日記」は企画力の源泉

 歌謡詞とは厳然たる商品である。
 その市場性を保証するのは、作詞者自身の社会的視野に裏付けられた、企画者のスペキュレーション(「思索」と「投機」)に尽きるのである。

 80年代の初めから、最晩年まで26年間にわたって書き継がれた「日記」は、衰えを知らぬその企画力の源泉でもあった。

 1日の出来事を日記帳の1ページに収めるために、彼は「一人編集会議」と称する情報整理を連日連夜実践したのだ。
 それは、商品としての歌謡詞を、いつでも書ける状態に保つための鍛錬、孤独な"地下室の作業"にも似ていた。

 企画なきスローガンの最大の犠牲者でもあった昭和の戦争の子は、そのようにして70歳になるまで、大衆歌謡というジャンルで、しぶとく闘い続けたのだ。
高澤秀次(たかざわ・しゅうじ)
1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。文芸評論家
著書に『吉本隆明1945-2007』(インスクリプト)、『評伝中上健次』 (集英社)、『江藤淳-神話からの覚醒』(筑摩書房)、『戦後日本の 論点-山本七平の見た日本』(ちくま新書)など。『現代小説の方法』 (作品社)ほか中上健次に関する編著多数。 幻の処女作は『ビートたけしの過激発想の構造』(絶版)。
門弟3人、カラオケ持ち歌300曲が自慢のアンチ・ヒップホップ派の歌謡曲ファン。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。