iPhoneはパソコンとの連携で真価を発揮する

ビジネス資料を外出先で編集もできる

ただし、メールなど、iPhoneのほかの標準アプリからURLをタップすると、Safariが標準で開いてしまう。iPhoneには標準で使うアプリを切り替える機能がないためだ。回避策としては、URLをいったんコピーして、Chromeでペーストして開き直すしかなく、少々不便。PCとの連携には優れているが、iPhone単体で使う際には、このようなデメリットがあることも覚えておくようにしたい。

3.WordやExcelファイルを連携する

マイクロソフトのOffice同士なら、データの互換性が高く、クラウド経由で同期も簡単

iPhoneにも、PagesやNumbers、KeynoteといったOffice系アプリがあり、これらでも書類の閲覧や編集は可能だ。データはマイクロソフトのOffice形式に変換もでき、これらのアプリがないPCでも読み込むことはできる。ただし、書式などが一部崩れてしまい、想定していたとおりのレイアウトにならないなど、100%の互換性がないのが困りもの。PCとiPhoneでそれぞれ書類を編集するたびにデータを変換しなければならないのも、少々面倒だ。

そのような用途でiPhoneを使うときは、iPhone側にWordやExcel、PowerPointといったアプリをインストールすればよい。マイクロソフトのサブスクリプション(定期契約)サービスである「Office 365 Solo」なら、2台のPC(Macも含む)のほか、計2台のタブレットやスマートフォンにもOfficeアプリをインストールすることができる。つまり、PCでOfficeを契約していれば、iPhoneにもアプリを入れて利用できるというわけだ。

作成したデータは、クラウドサービスを経由して同期するのが最も簡単だろう。iPhone版のOfficeを使うためにOffice 365 Soloを契約していれば、マイクロソフトのクラウドサービスである「OneDrive」の容量が1TBにアップする。ここに作成したデータを保存しておけば、PC側にもそれが反映される。逆にPCで行った編集もiPhone側に反映されるため、これを利用しない手はないだろう。

OneDrive以外にも、「Dropbox」や「Box」「Google Drive」に加え、冒頭で挙げた「iCloud Drive」など、幅広いクラウドサービスが対応しており、各Officeアプリから直接データを読み込むことができる。iPhoneでゼロから文章を作成することは少ないかもしれないが、文書やExcelの数値など、細かな修正を移動中にサッと行えるのはやはり便利。Windows PCを利用しているなら、ぜひインストールしておきたいアプリと言える

MacとiPhoneならPagesやNumbers、Keynoteで同様のことができるが、Windows PCとiPhoneの組み合わせの場合は、Officeを使うのが正解だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。