iPhoneはパソコンとの連携で真価を発揮する

ビジネス資料を外出先で編集もできる

また、iCloud Driveも利用可能になる。これをオンにすると、PC上にiCloud Driveのフォルダが作成される。このフォルダにデータを入れると、自動的にデータがiCloudにアップロードされ、iPhone側からデータを閲覧できる。作成した書類などをここに保存しておけば、出先でもiPhoneだけでサッと確認できて便利だ。WordやExcelなどのデータも、iPhone側のiCloudアプリからそのまま開くことができる。

iPhone側でiCloud Driveを使うためには、「設定」→「iCloud」→「iCloud Drive」を開き、「iCloud Drive」をオンにすればオーケー。すると、iCloud Driveのアプリアイコンがホーム画面に追加される。PC側からアップロードしたデータを読みたいときは、このアプリを開けばよい。

2.ブラウザの閲覧履歴を連携する

iCloudアプリを使えば、Internet Explorerのブックマークを同期することはできる。ただし、あくまで同期の対象はブックマークのみ。MacのSafariとiPhoneのSafariのように、開いているタブや、ID、パスワードの共有などはできない。WindowsにSafariをインストールすれば解決……と思いきや、すでにWindows版の開発は終了している。逆に、マイクロソフトはInternet ExplorerやEdgeといったブラウザを、iPhone向けに提供していない。

そのため、PCとiPhoneの双方でブラウザを連携させるなら、サードパーティのアプリをインストールする必要がある。代表的なのが、グーグルのChromeで、Windows版とiPhone版の両方が存在する。Chromeの場合、グーグルアカウントにログインしておけば、ブックマークの同期だけでなく、開いているタブや保存しているID、パスワード、閲覧履歴などまで同期できる。

使い勝手の面では、タブ表示に対応していたり、閲覧履歴やログイン情報などが残らない「シークレットタブ」を備えていたり、グーグルの音声検索に対応していたりと、多くの点がSafariと共通している。モバイル版サイトからPC版サイトへ切り替える機能も存在する。そのため、Safariからの乗り換えても、あまり違和感を感じることなく、使うことができるはずだ。

また、Chromeならではの機能として、「ウェブページのプリロード」機能もある。これは、あらかじめユーザーがアクセスするであろうリンク先のページを読み込んでおく仕組みのこと。事前に通信を行っているため、ページの表示速度が高速になる。通信量が増してしまうデメリットはあるが、モバイルデータ通信を利用している際にも、ウェブページのプリロードをオンにすることが可能だ。

GmailやYouTube、Google Mapsなど、ほかのグーグルアプリとも連携するため、ChromeはぜひiPhoneにインストールしておきたいアプリと言える。また、Safari以外では、Firefoxなどのブラウザが同期機能を備えている。標準ブラウザがそれぞれ異なるWindows PCとiPhoneを連携させる場合は、これらのサードパーティ製アプリに頼ることをオススメしたい。

次ページただし、デメリットもある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。