留学生活は大変。でも人生最善の選択だった

留学から1年を振り返って感じたこと

留学は人生最善の選択

この1年間を振り返ってみて、やはり「留学は人生最善の選択であった」と思います。

日本に帰ってきて、友達の大学生活を見て、「もう1年間頑張ったし、日本の大学に戻ってしまおうかな」と考えたこともありました。紙面には書ききれないほどの失敗体験がたくさんありましたし、日本にいたら知らなくてすんだ悲しい世界の現実やら、自分の無力さを実感したりもしました。でも、やっぱりアメリカのキャンパスに戻って、また新しいことを学びたい、もっと世界を広げたい、自分に何ができるかはわからないけど、世界の問題をきちんと理解したい、と思います。できない分だけ伸びしろもあるのです。

また、留学のおかげで、日本を外から見ることができ、あらためてもっと自分は日本のことを知るべきだなと感じました。世界で日本が愛されるのは、クールジャパンと銘打って押し出されているアニメやマンガといった文化ではなく、伝統的な日本の文化(といっても寺や神社などの建物ではなく)、日本人の精神みたいなものなのだと思います。こういうことをよりよく知ること、守っていくこと、外国の人に伝えられることの重大さを留学は教えてくれました。

何よりも、留学したからこそ出会えた、すばらしい友達がたくさんいます。今までの友達とはまったく価値観が違う人たちに会えた、一緒に何かをする中で少しずつわかり合えた、というだけでも、留学をした意義はありました。また1年、頑張ろうと思います。

(構成:アゴス・ジャパン 後藤道代)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。