“iPodの父"が挑む、次世代テクノロジー

シリコンバレー“正統派"の意外な挑戦

さらに、インターネットに接続されていて、ユーザーがこれまでのエネルギー消費を見ることもできる。つまり、サーモスタットといっても、これまでの製品とはまったく異なる新時代の環境装置なのである。

「安全な道」は歩まない

「iPodだけにとどまりたくない」

こう語るファデルは、小さい頃からモノづくりが好きな子供だった。そんな彼の才能をさらに伸ばしたのは祖父だ。祖父は、ゴーカートやリモコンで動くおもちゃの自動車などを作るのをサポートした。

ともかく何かを作りたいといつも思っているファデルは、すでにミシガン大学在学中に教育ソフトの会社を教授と共同で創設。その教授は、ファデルがさまざまなプロジェクトに果敢に挑戦し、決して「安全な道」を歩む若者ではなかったと語っている。

卒業後、アップルからスピンアウトしたジェネラル・マジック、家電メーカーのフィリップスなどを経てアップルへ。そして今、コンピュータもスマートフォンも超えた、さらにその先を彼は見据えている。それは、われわれの生活にある多様なモノがインターネットに接続されて、それらがわれわれの生活を自動的にサポートしてくれるという世界だ。

今は、サーモスタットだけだが、ネスト・ラボはこれからどんな広がりを見せていくのか。その答えは、ファデルの頭脳とビジョンの中にまだ隠されている。ネスト・ラボには、ロボット研究の第一人者も含めテクノロジー業界のトップの才能がそろっており、われわれの生活の未来像を描き出そうとしているのだ。

今、インターネットやテクノロジーは、コンピュータの画面を飛び出して、われわれの生活の中に入ってきた。トニー・ファデルは、必ずやその舵取りの一人になるのだ。


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT