“iPodの父"が挑む、次世代テクノロジー

シリコンバレー“正統派"の意外な挑戦

アップルはちょうどその頃、後にiTunesとなるテクノロジーも買収していた。そして、およそ1年足らずで開発を行い発表したのが、インターネットとデバイスとコンピュータをつなぎ、音楽をデジタル時代ならではのスタイルで体験するというビジョンだった。ボタンではなく、トラックパッドという丸い表面を指でなでて操作するiPodも人々を熱狂させた。

このiPodが、その後iPhone、iPadと続くアップルのイノベーションの大きな原動力となったことは言うまでもない。アップルが、パーソナル・コンピュータ以外の領域に足を踏み入れたきっかけを作ったのも、このiPodだった。

iPodの次は、サーモスタット?

ファデルは、アップルで18世代のiPodと3世代のiPhoneの開発を率いた。そして2008年、同社で上級副社長にまで昇進していたが、辞職。1年ほどの休みを取った後、2010年に創設したのが、ネスト・ラボという新興企業だ。

ネスト・ラボは、現在すでに「ネスト」という製品を市場に出している。ネストはサーモスタット(温度を一定の範囲に保つための自動温度調節装置)である。

これがネスト社が作る、次世代のサーモスタットだ

iPod、iPhoneという世界を変える製品を生み出したファデルが、サーモスタット? と思うだろう。だが、このネストはただのサーモスタットではない。

最新テクノロジーを結集し、人の気配を感じ取り、生活のリズムを覚えて、最もエネルギー効率のいい方法で室内の温度を調整する。いわばコンピュータ並みの頭脳を持ったサーモスタットなのである。

もちろん、デザインはシンプルでスマートだ。薄く美しい円形のサーモスタットは、壁に取り付けられると、アート・オブジェのようにすら見える。温度設定は、サーモスタットを包む外側のステンレスのリングを回転させるだけでいい。

それだけではない。ネストは節電モードの設定も楽しくさせてくれる。リングを右や左に回転させると、あるところで「葉っぱマーク」が表示され、それが寒さや熱さを感じずに、なおかつ節電ができる温度であることを教えてくれるのだ。

次ページ安全な道は、歩まない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。